『ウィルゲート 逆境から生まれたチーム』を読んで

 

一言でいうと面白かったです!

※2時間位で一気に読めました。

 

小島社長のリアルな声。の感じが伝わってきて、非常に面白かった。

今25歳と非常に若いながら、年商10億円の会社を引っ張っている。しかも出身地が同じ岡山県と言うことで、応援したくなります!

 

■とても参考となる內容

 

会社の黎明期から現在まで、苦労されて拡大してきたこと。

メンバーとのコミュニケーションの重要性。

他社との合併話で大変な目にあったこと。

黒字事業と赤字事業の見極め。

人との出会い。

 

若い会社にとっては、全てが参考になる內容だと思います。

特に事業拡大のためには人が必要ですが、その人が新たな火種になったり。物事は簡単に上手くいかないということを考えさせられます。

 

■気をつけたいこと

 

・メンバーを採用する際に何を見るか?

・メンバーに何を求めるか?その報酬は?

・新規事業の見極め

・人を信用しすぎない

・外部資本を入れるということ

 

 

中でもやはり『人はコストであると同時に、リソースである』ってことを意識付けられたなぁ。

 

今度実家に帰るときに弟に是非読ませたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>