無料の音楽クラウド『spotify』ークラブ系DJでも使えないか考えてみた。

 

■増えてきた音楽クラウド

 

皆さん音楽好きですかぁ?

昨日テレビを見ていて、面白そうなサービスが展開されつつあるので、ちょっと調べてみました!

余り馴染みが無いかもしれませんが、Googleのブラウザ『Chrome』を使っているとこんなページにたどりつきます。

https://chrome.google.com/webstore/category/app/81-music-and-radio

※Chrome Web STORE

 

で、昨日面白そうだなぁと思ったのが、これ『spotify』

http://www.spotify.com/int/

Facebookの上場で、今世間は賑わっていますが1999年頃にアメリカで始まったサービス『Napster』と同じようなサービスなのに、違法アップロードではなく、正規にレコード会社と契約して音楽を無料で提供しているというもの。

サイトの主な収入源は、曲と曲の間に流れる広告らしいです。

まだ日本では使えませんが、一応会員登録しておきました。

 

まずはサイトにアクセス

http://www.spotify.com/int/

日本からアクセスしている場合、サイト上部にこんな表示が

ここに自分のメールアドレスを入力するだけ。

あとは日本で使えるようになれば勝手に連絡が来るというもの。

 

■なんでクラブDJ?

 

クラブDJがよく使うサイトで

『ワサビート』https://www.wasabeat.jp/とか

『ビートポート』http://www.beatport.com/ってのがあるんですが、基本課金です。

 

ちなみにクラブ系の楽曲って結構売れないのね。

iTuneって親和性高そうなんだけど、以前聞いた話では◯◯系の日別ランキングに入るには200曲位ダウンロードされればランクイン出来るそうな。

じゃぁやっぱりメインの収入源ってライブとかだったりするのかなぁって考えるんよね。

上記サイトはダウンロードするのに課金しているんやけど、フリーにしてくれたら

もっとクラブ系音楽の裾野が広がって、クラブに対する理解とかも進むんやないかなぁ。

※あ、この辺グレーだから言及避けますwww

 

■個人、インディーズの方が制作した楽曲

■ダウンロードフリー(ただし音質劣化版、高音質は有料とか)

■ダウンロードするのに広告などで課金

■広告料をアーティストへ還元

 

共有サービスなんて仕組みは簡単やろうから、誰かこんなの作らんかなぁ、絶対使うわぁ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>