変化が目に見えて、分かりやすくて、喜ばれる商売は継続する。

 

今日はこれから、いつもお世話になっている先輩社長の誕生会に参加しに横浜へ参ります。

 

で、土曜の夕方、ガストで一人ドリンクバーを飲みながらブログを更新しております。

周りを見渡すと結構人がいるもんですね。特に若い学生さんかな?という方がお多いように思います。僕もよくファミレスは行きますが、本当に良くできていると思います。ドリンクバーとか、原価は1杯10円だとかって聞きます。セルフサービスなので、人件費をなるべく掛けず、客単価を上げる!いい方法。水を頼まれるんだったらドリンクバーを頼んでもらった方が店としてもいいですもんね。

 

美容室のオーナーに教えてもらった言葉。

表題の件ですが、僕がよく行く床屋のオーナーに教えてもらったことです。

池袋のカウチ(Kauti)という店。そこのオーナー僕の3つ上くらいなんですが、もうかれこれ5年?位お世話になっています。独立して間もない頃言われたのが、

『変化が目に見えて、分かりやすくて、喜ばれる』商売は継続する。

という言葉。

 

なんだ当たり前じゃん。と思っていたのですが、改めて考えてみると深い言葉だなと思って、ブログに書いています。

 

■変化が目に見える

これは、単一のサービスに対しての金銭の授受。効果は何なのか?目に見える事。お客さんは求めていることに対して、サービスの対価を払うということ。人によって求めていること(期待値)は違うということを認識する。

 

■分かりやすい

物が行き交うことであったり、理解しやすいもの。効果があったかどうかを検証する必要のあるもの、専門的な言葉ばかりだと分からない事も多々ある。

 

■喜ばれる

当然。サービスの提供を行なっているのだから喜ばれる事を目的とするべき。1人の喜びが、5人になり、25人になり。特にBtoCは意識するべき。『商売は座布団を積み上げること』。もちろん、顧客の選定も大切。支払をしてくれないお客はお客なのか?一度考える。

 

箇条書きになったけど、色んな所で学べる機会があるというのは嬉しいもの。

※最後『体言止め』になってるな(笑)

ちなみに後ろに写ってるのは担当のK樹。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>