接触頻度を上げれば、営業の成果に繋がる。

 

さてと、もうこんな時間。

メールもひと通り返信したし、少し時間ができたので、ブログを更新。

 

接触頻度=営業成果

最近営業代行を行わせて頂いており、非常に感じる事です。まぁ当たり前と言えばそうなのですが、意外と出来てない人も多い。

心理学用語で言われる、『単純接触頻度』。

これをいかに上げることが出来るかというのが大事。
単純接触頻度

 

単純接触頻度とは

心理学用語で「個体間の親密さは、接触回数、 接触頻度が多ければ多いほど増す」といった事を指すらしい。

接触頻度が高い程ポジティブな感情を持ってもらう事が出来る。

要は好きになってもらえるということ。

これは、WEBマーケティングの分野で言われている『アトリビューション』という考え方に似てますね。接触頻度の高い方が、CVしやすいということ。

例えば車の分野で言えば、『トヨタ』と『ヒュンダイ』。

仮に全く同価格で同機能の商品だった場合、どちらを選ぶかというのは、CMや広告などに接触している回数が多い方が有利という考え方です。

 

スピードも大切

メールのレスポンスが悪い人とは仕事をしたくないというのが僕のホンネです。

レスが早い人は総じて仕事が出来る人が多いイメージですね。

必ずしもそういうわけではないのですが、メールでの接触頻度+スピードを意識するようにしています。

 

業界によってだめな営業が多い所?

あくまでも僕の主観ですが、インバウンド系の会社は営業が上手くないイメージがあります。

恐らく、どちらかと言うと店舗を構え、広告を出してユーザーが来るのを待っているような感じのところでしょうか?

現在営業代行させていただいている『iPhone修理』業界でも、クライアントと話をしていると当社と面談をした理由として『レスポンスが早かった』『メールをk豆に送ってくれる』などの声を頂く事が多いです。

機械損失を防ぐためにも、このような業界の方は外部委託してもいいかもしれませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>