新しいWEBサービスを作るのがどれだけ難しいか?マーケットサイズとマネタイズ方法

 

もう3月に入ってしまいましたね、今日は暖かい風で花粉がかなり舞っているのか、ホントにしんどかったです。。。

更に帰りに豪雨に見舞われたので、今はスタバで休憩がてらブログを更新してます。しかし金曜の10:00頃だというのにスゴイ人。

 

実は先日、HPから問合せがあって、WEBサービスのコンサルティングをお願いしたいという案件があり、思う所がありましたのでココで書かせて頂きます。

結論からいうと、お断りさせていただ来ました。理由は私に時間が無いというのもあったのですが、主には早期にマネタイズ出来るイメージが無かった為。運営会社の代表の方はホントにアツい方で、何かお力になれればと思ったのですが、、、

 

で、マーケットというものについて改めて僕の方でも勉強する点があり、まぁ仕事にはならなかったのですが、良い気づきと共に難しさが有りました。

■新しいWEBビジネスモデルを作るということ。

最近思うことでもあるのですが、これ本当に難しい。イメージとしてWEBサービスを開発している会社のピラミッドって、「裾野がものすごく長くて」「頂点は果てしなく高い」ということ。

実際にはこんなビラミッドなわけは無く、裾野が何倍、何十倍とも広いく、頂点は上が見えない位高いイメージ。

 

何でもそうなのですが、何か新しい事、既存に無いビジネスを始めるときって、ものすごくハードルが高くて。そもそもユーザーがお金を払う事なのか分からない。特にnet関係だと、簡単に始める事が出来るんやけど、結局の所どこでマネタイズするか?という点が抜けている場合が多い。

また、マネタイズ出来たとしても、当初考えていた売上に目処が立たない。ということも良くある。

そういう点で、マネタイズしやすいものとしては、「物が動く商売」「内容が分かるサービス」というのは良いなぁと思います。

net系の新しいサービスだと、ユーザーがサービスの価値を測りかねてしまう場合が良くあるような感じで。既に提供されている物としての認識が無いものにお金をどれだけ出させるか?という「営業力」も必要になる。こういう点が新しいサービスを作るときにビジネスモデルとして、考えられているか?

あ〜、あとマーケットサイズと、支払ターム(ショットなのか、継続なのか)という点も非常に大事。ってかこれ調べてからじゃないと、無理やんって思うけど、意外と調べてない人多いのね。

 

先日お話させていただいた方は、その点が抜けていたのが、残念に思います。とにかくユーザーにとって良い物、機能の多いもの。という感じで詰め込んでいって、最終的に何がやりたいのかよくわからない。そういうものになってしまった感じでした。

元々アパレルの会社にいたので、デザイナーの方なんかはそういった人が多かったような気がします。「面白いもの」「奇抜なもの」を作る傾向にあるというか…。実際は、買ってくれるものを作るということが大切で、お金を出してくれているということは、お客様の為になっているということを認識する必要があるのかなぁと思っています。

まぁだったら新しいサービスなんて作れんの?という感じですが、ユーザー目線に立って開発をすれば出来るとは思います。あとはそこに、自社にとって利益の出るマネタイズ方法が出来ればという感じ。

 

ちなみに先日ご来社頂いた方は同い年だったので、色々キツ目の事を言ってしまいましたが…。まぁ人は外見(服装とか)も大切だということで。。。

起業されてまだ数ヶ月みたいなので、弊社同様ゲリラ戦を頑張って欲しいですね。

 

 

ちなみに今苦しんでいる花粉症の患者数は2,000万人と言われているらしいです。5人に1人位が悩んでいるのか。そりゃTVCMも打てるわけだ。花粉症には杉茶が良いとされているみたいなので、帰って飲みます。。。

とりあいずこれ買ってみたので(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>