アフィリエイトについての備忘録

さてと、昨日自社サイトの打ち合わせをしている時にもう少しブログを面白くした方が良いというご指摘を頂いたので、ちょっとデザイン変えてみました(笑)
というか5月から自社サイト内にブログを作るので、いづれ引越しするのかなと。

本日はクライアント用にアフィリエイトベンダーの使い方を忘れないように書いてみようと思う。
といっても当然のことばかりなので、目新しい事花にもないが。

アフィリエイトとは何ぞやという方もいらっしゃるかもしれないが、
いわゆるブロガーに記事と商品へのリンクを設置してもらうということを行うもので、
そこからの購入に至った場合は成果課金が発生するもので、ECなどの平均的には購入金額の10~29%を支払う場合が多い。

で、WEBからの集客を行なっている会社での使い方として、気を付けたいのが、
1,SEOで上位表示しているサイト
2,リスティング広告に死ぬほど費用をかけているサイト

この2つ該当する場合は、安易に手を出すとCPAが上がってしまう可能性がある。

なぜかというと、Cookieの付与期間があるからだ。
ある会社ではCookieを一度踏むと、90日以内に購入に至った場合はアフィリエイターに成果が発生する。
つまり直接コンバージョンでなくても成果として換算されてしまう為、
通常のリスティング費用+アフィリエイト報酬がかかってしまい、CPAが高くなるのだ。

では上記のようなサイトを運営している場合はどうするのか?
答えとしては、『サブサイト』という形が良いのではと思っている。

つまり、SEO・リスティング広告で出稿してしまっているサイトとは別のサイトを立ち上げ、
そこをアフィリエイト、として使うということ。
ECの場合だと結構手間かもしれないが、アフィリエイト先のサイトからの購入導線だけ
本体サイトへしてしまうというやり方もある。
(この場合、違うサイトで決済するイメージになってしまい、CVRが下がってしまう可能性があるが)

また、アフィリエイトを使う事で、多少の外部リンク効果もあると考えられ、
使い方としては、一定期間をアフィリエイトとして実施し、その後SEO、リスティングにスライドさせていくイメージが良いのではないだろうか?

最後に一言、
独自商材がある会社は強い!
面白い商品があるという会社の方はおっしゃっていただければ、
ココに書けないやり方で、集客・販売します。ご連絡を!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>