ポジティブマーケティングとネガティブマーケティング

クライアントの仕事をやらせていただいていて、感じたことですが、
商品を広告する際にどこにフォーカスした戦略を取るのか?

SNSなどを見ていて面白いのが、とにかくポジティブマーケティングがハマるということ。

mixiなどのコミュニティで参加人数が多いジャンルがあり、
■芸能人
■料理
■結婚
■子供
などのジャンルは多い。

これは、ソーシャルなつながりでは、ポジティブなことを発信したい。
『〇〇を見てほしい』『〇〇を聞いてほしい』などで
特にこの発信は知り合いに見て欲しいというときに強い力を発揮すると考えられます。

つまり、上記のようなジャンルの商品はソーシャルなどの販促手法が良いと考えます。

逆にネガティブマーケティングはあまり横のつながりがあるようなメディアでは使いにくく、
インフォマーシャルやアフィリエイトなどの手法がハマると考えてます。
ただ、本質的には継続してユーザーとの関係性を高めていくことが重要なので、
色んな仕掛けを行っていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>