フラックス世代と上善水如的な生き方

 

 

『フラックス世代』

聞いたこと無い単語だったのですが、今月号の『COURRiER Japon』に掲載されている內容で、ちょうど今の若い世代や、周りに多く見られるものだったので、気になりました。
フラックス世代

 フラックス世代とは

フラックスとはfluxのことで「流動,流れ,溶剤,溶ける」だ.世代といっても年齢は関係なく,この不確実な時代を受け入れ,常識に因われることなく,流動的に溶けこみ楽しむ人々のこと.

※『沖勝の日記』より引用させて頂きました。

http://blog.livedoor.jp/nkatsu0520-nikki/tag/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E4%B8%96%E4%BB%A3

 

僕の頭の中に浮かんだキーワードは『上善水如』(お酒じゃありません!)

人にとって最も良い生き方は水のように姿形を変えながら生きていく事という意味の言葉です。

特に流れの早い業界に身を置いていると、いつ・どんなことが降り掛かってくるか分からないですが、そんな困難も楽しんで受け入れるということができる人。

 

一方では『何でも出来る人』また一方では『忍耐強くない人』など色んな考え方ができるでしょうが、人生一度きりですので、やりたいことを楽しんでやる。という人が僕の周りにも増えてきていると感じます。

 

こんな人達が居る

僕の周りで『フラックス世代』だなぁと思うのはこんな人達でしょうか?

 

■石津大輔(針江のんきぃふぁーむ代表)

http://nonkifarm.com/
針江のんきーふぁーむ
滋賀県針江で農業を営む先輩。

もともとアパレル専門学校時代の先輩で、船場で古着屋などをやっていたが、現在は農家の経営者として、海外などへの販路拡大を図っている方。

僕がもっとも尊敬する先輩でもあり、なんといっても学生時代から自分で店舗を構えて古着屋をやっていたバイタリティ、人格がとても素晴らしい方です。

 

■片倉ひろき(和気町議員)

http://wake-katakurahiroki-wakeaiai.jimdo.com/

彼は僕の弟の同級生なのですが、若干25歳にして当時全国最年少の議員になった方です。

議員になる前には1人でインドに行き8日間の断食をしたり、また自分で会社の経営などを行なっているという。。。(町議会は副業OKらしい。)

どちらにしても、フラックス世代というにふさわしいと思います。

 

異業種での経験は役に立つ

同業・異業、どちらでもそうですが、『経験』は役に立ちます。

特に異業種だったとしても小さな会社などに属している場合、人材が少ないことが多々ですので、一人で様々な事を知っている。人脈がある(ビジネスになる人脈)などは非常に役立ちます。

僕の場合は、ファッション、システム、マーケティング畑にいたので、例えば、ファッション系の繋がりにシステム導入の相談があったり、マーケティングが分かるから、ファッションの通販につながったりというような事があります。

もちろん、初めての事ばかりなので、全てが上手く行くわけではありませんが…。

6月も、もう後半。しっかりやっていきます!

 

Facebookユーザー数減少|SNSに疲れたら『Arrow』がおすすめ

 

実は最近ちょっと僕自身がSNS疲れかも(笑)
SNS疲れ

アメリカではユーザー数が減少?

http://www.j-cast.com/2012/05/08131264.html

世界中で会員数が9億人を突破し、5月中には新規株式公開(IPO)を控えるFBで、地域別の会員数が最も多いのは米国だが、既に成長のピークを超えたことを示すデータも出た。英国のオンライン市場調査会社、グローバルウェブインデックスが2011年11月にまとめたSNSに関する調査結果を見ると、米国は全体の人数では他地域を圧倒しているものの、2011年に入ってユーザー数が減少に転じているのだ。

※http://www.j-cast.com/の記事より

 

なるほど、以前日本のユーザー数も減少しているとか何とかっていうニュースを見たことがあるけど、米本国でも減少中らしい。

 

SNS疲れって?

 

SNSと言えば、僕が初めて登録したのはmixiでした。

今ではアカウントだけは存在しているものの、ほぼ幽霊会員化してますが…。

もちろんTwitterとFacebook、Google+にも登録はしていますし、弊社のFacebookページ等も作っています。Facebookページ等は、サイトのSEO上必要なものだと思っているので、作っているのはオフィシャル的な意味合いで使っています。

実際SNSは方法によって集客に大きく寄与すると思いますが、個人的なレベルで考えると、毎日チェックし『いいね』『コメント』する。という行為は確かに疲れる。

特にFacebookは実名制ということもあって、Twitterのように炎上することが無い反面、ネガティブなことは何か書きにくい。という側面もある。

 

SNS疲れの原因『自分が幸せだと感じる基準』

私がSNS疲れを感じる原因として思うのが、他人の投稿内容と自分を比較してしまうことではないかと思う。

◯◯行って来ました!◯◯買いました!

まぁなんというか近況報告をするツールなんでいいのですが、毎回毎回同じような內容や、意味が無いような投稿が多い場合、私は投稿を表示させないようにしています。

 

で…SNS疲れを起こす原因の1つが、自分との比較なんじゃないかなと?

『自分は幸せだ〜』と思うのは個人によって基準が違うでしょうが、一番わかり易いのは他人との比較です。

これは絶対評価ではなく、相対評価。

絶対評価の場合は、自分の価値基準ですが、相対評価の場合は比較対象が必要になってきます。

一部ネットでは『リア充自慢ツール』なんて言われてるようですが(笑)

 

愚痴専用SNS?

ではないのですが、ちょっと面白いサービスに『Arrow』というものがあるようです。

http://www.arrow-arrow.com/

 

TMという『たらい回し』機能が付いているらしく、必ず返信がもらえるというものらしい。面白そうなので、暇な時にでも使ってみようと思います。

 

起業って…アイデアがあっても失敗するときゃする。

 

さて、会社たちあげて約2ヶ月が経過しようとしている。

 

昨日は久しぶりの友人と飲みに行っていたのですが、思う所があったので、このエントリーを。

友人は元経営者。今は別の会社で働いているということで、事業を行う事の難しさやポイント等色々と話をすることができた。

 

 

起業ってくそ大変

正直今までの中で感じた事といえば、『難しい』、『大変』、『めんどくさい』といったネガティブな事ばかり。先日『プロフェッショナル仕事の流儀』に出ておられた天ぷら職人・早乙女哲哉 さんの言葉を借りれば『好きな事、仕事。嫌いなこと、仕事』とった感じ。

 

元々『社長になりたい』という思いはあったけど、漠然としていたし、起業するのもタイミングが良かったというか、色んな事が重なっての起業だったと思う。ほどほどの生活が出来れば良いと思うし、無理するつもりもない。でもその過程で様々なものを得ることが出来ていると思うし、普通に会社員してたら出来ない経験をした。

 

 

昔から本が好きで、社会人になったばかりの頃は、ドラッカーばかりを読んでいた。良かった点もあると思うけど、結局頭でっかちで口ばかり。実力が伴っていないダメ人間。でも起業はしたいという良く分からん感じ。

人に恵まれた。

ただ、そんな感じだと思う。

 

結論から言えば、これからも頑張る!ってことなんやけど、こんなネガティブなブログ、変な所で感化してほしくはないが、起業にあたって気をつけるべき点とか、少しでも参考になればと思う。

 

お金は想定よりも必要!

ホントに会社に属していると考えた事もないけど、何かやることに対しては必ず費用が必要で、しかも効果があるのは数ヶ月後とか。

試算はホントに厳しすぎる位やったほうが良い。

予定してなかった出費も必要になってくるし、思うような売上が上がらないことなんて多々ある。かといって簡単に融資してもらえるわけではないし、『融資=借入金』なんだということは色んなプレッシャーも出てくる。

売上が上がっている状況であれば精神的にも楽になるけど、そういう状況でない場合は、どんどん追い込まれていく。

ただ、適度なプレッシャーはあったほうがいいと思うが、お金はあるに越したことはない。自己資金はある程度持っておいた方が良いと思う。

 

メンバーは必要か?

色んな人のブログ等を見ていると、友人と事業をはじめる事は失敗している例が多いなと思うことがあります。

■今までの友人関係が上下関係になる

会社が上手くまわればいいですが、そうでない場合友人関係も失ってしまう可能性がある。

 

経費はなるべく掛けない

人件費・事務所費・広告費・通信費・雑費。

今まで気にしたことも無いような小さな事。例えばコピー1つにしても費用がかかるし、会社員時代なんて考えたこともなかったような、費用1つ1つが必要ということ。いかにスモールに始めるか。

ただ、スモールにとは言え『時間のコスト』意識は非常に重要だと思います。時間のコストって、いわゆる人件費とか機会ロスとか、判断に時間をかけるとそれだけロスが発生する。良くあるのが、『検討中』で止まっちゃうパターン。これは一番良くない。『やる、やらない』の2つしかないのだから、時間にコストがかかっていると言う認識を持つ。

 

人脈はホント大切

僕は長いものには巻かれろという感じですが、以前からいろんな所に顔は出すようにしていました。そのおかげで今仕事でつながっている方もいらっしゃるし、チャンスを頂いていると思っています。

新規にアカウントを広げようと思うと、それだけ時間・コストも掛かります。

まぁこうやってブログを書いているのも、インバウンドがあればいいなぁと思ってやっているのですが(笑)

よく聞くのは、最初は良かったけど…これは、友達だと思って発注したけど思ったより効果・成果が出せなかったということだと思う。『タダの仕事は価値がない。』友達だからいいでしょ?とかいい加減な仕事はしないで、継続してお取引していただける為にはしっかりとご満足頂くこと。

 

 

というのが僕が思っている事とかですね。

さ、今日も一日頑張ろうっと!

通販サイトで失敗する方法!?

 

人生が壊れれば壊れるほど(失敗すれば失敗するほど)
再生、(成功)したときの喜びは
大きいし、
普通のことを幸せと感じられる。

 

通販サイトの失敗要因を考えてみた

 

先日書いたブログから引っ張ってきますが、こんな感じだと思います。(成功要因ですね。)

■他社と同一商品を扱う場合、圧倒的に仕入れが安く出来る

■在庫を持たない

■商品に独自性がある(メーカーであること)

■総輸入代理店である。

 

今日はひとつひとつ開設していこうかと思います。(間違っている部分も多々あると思いますがご勘弁を。)

 

他社と同一商品を扱う場合、圧倒的に仕入れが安く出来る

まぁ当然と言えば当然なのですが、安く仕入れをすることが出来れば安く販売することができます。

特に通販モールなどでは、いかに『最安値』にて出品することが出来るか?は大きなポイントですので、仕入れは安くしたい所です。

 

これが出来れば苦労しない。

ってことだと思いますが、何か方法がないか?

 

ネッシーや、卸問屋サイトなどの卸サイトを使うのも1つの手だと思いますが、ほとんどの場合、同業他社もやっている事ですので、他の方法を考えたほうがいいでしょう。ネットでできる事は他社もやっています、『オイシイ情報』はネットで無く『コネ』や『足』を使って集めるというのは間違っていないと思います。

 

在庫を持たない

これは出来ればそうしたい!という声が聞こえてきそうです。

が、取引の条件によっては可能だと思いますので、仕入れ先と辛抱強く交渉する事が大切です。

ちょっと発想が違いますが、『楽天』や『Yahooショッピング』などの運営元は販売する場所を提供しているけど在庫は持っていない。こんな発想で出来るショッピングサイトがあってもいいのではと思います。

 

商品は作る工程によって、在庫を抱えないといけません、工場のようですね。

なら『受注生産』という方法も1つでしょう。

 


商品特性(農業など)や商品力に自信があるのなら出来る方法です。

ただ、リスクとして

  • 受注ロスが発生する
  • 売上回収までに時間が必要

ということを注意する必要があります。

 

商品に独自性がある(メーカーであること)

商品に独自性がある場合は、価格・ブランド名などで競合に比べ有利になります。

ただし、この場合は商品認知など非常に力が必要な事もありますが、一番プロモーションしやすい所でもあります。

扱っている商品によりますが、SNSなどを使った方がいいのか、アフィリエイト・ブログなのか、SEOなのか。。。というか全部大切なのですが、戦略・コストによってプライオリティ(優先順位)が違ってきます。

ハッキリ言って、『絶対確実』というものはありませんからね。特に気をつけたいのは『成果報酬』です。

ある程度売上のベースがあるのならいいのですが、

費用が発生しない=成果が上がらない=売上が上がらない

ということ。

 

経営者なら『時間に対するコスト』という意識は強いと思いますので、安易に『成果報酬』に頼らない方がいいのではと思います。

 

総輸入代理店である。

ここまで読んでいただけた人にちょっとサービスを。

輸入代理店、特にアパレル等の小売系商材を扱っている会社の場合、『パワーはかかるが、ほぼ勝てる』という方法があります。

※商品力があることが前提ですが…。

 

自社通販サイトと販売店を上手く使いプロモーションを行う事が可能で、最近の人の購買行動をちょっと考えると出来る方法です。ただしパワーは掛かります。。。

  1. 自社通販サイトを制作
  2. 小売店舗へ営業(委託等でいいので商品を露出する)
  3. 店頭でユーザー認知→検索
  4. 通販サイトで購入してもらう

という方法。実際こんな簡単には行きませんが、同様の方法で成功している会社もあります。

 

まずは失敗してみること

何か色々と書きましたが、失敗は成功の種です。

出店・出品したからといって成功するわけではありません。

失敗、事業解散、縮小している店舗も多いでしょうが、成功している店舗も多く、

電子商取引の市場規模は6兆円とも言われています。

ますます成長すると考えられる市場ですので、『勝つ方法』身につけたいですね。

楽天に出店するべきかー最安値チェッカー!?

 

 

 

通販モールって使ってますか?

楽天とかAmazonとかカカクコムとか…色々ありますね〜!

出来れば安く購入したい!ですよね。

 

 

■最安値で買いたい!

 

そりゃ同じ商品だったら、1円でも安く買いたいです。

ってことで何かネタが無いか探していた所、こんなツールがあるようです。

最安値チェッカー

 

FirefoxとGoogleChromeのアドオンにて使うことができるようで、

早速ダウンロードしてみました!

 

価格comだと上手く動かなかったのですが、楽天・Amazonで上手く動いています。

これで、複数の通販モールをチェックしなくても最安値で買うことができます!

※ダウンロード数が1,000前後と、余りありませんでしたので、使っている人は少なそうですが…。

 

 

■そもそも通販サイトで勝つ方法って?

 

通販サイトって数多くのモールやショッピングカートがありますが、特にモールに関しては出店傾向があります。

ざっくりですがこんな感じでしょうか?※間違えてたらスミマセン。

商品点数 得意ジャンル 費用
楽天 多い アパレル・食品 月額固定+手数料
Amazon 少ない 家電・デジタル系 手数料のみ
自社サイト どちらでも 検索結果による カート利用料+手数料

自社サイトの得意ジャンル、『検索結果による』というのはまた別の機会にご説明します。

 

まずは商品点数が少ないのであればAmazonを。

ただ、手数料は結構とられるので、(売上の8〜15%+αかな)注意が必要です。

 

で、通販サイトで勝つ方法としては下記が考えられます。

 

■他社と同一商品を扱う場合、圧倒的に仕入れが安く出来る

■在庫を持たない

■商品に独自性がある(メーカーであること)

■総輸入代理店である。

 

上の4つに関しては、また別の機会にお話します。(netだけでなく、リアルミックスで勝つ可能性を高くする事が可能です。)

 

■で、楽天に出店するべきなの?

 

これ、結論から言うと商材によるという回答になりますね。

・商品ジャンル

・同ジャンルの競合出店、価格状況

・ターゲットキーワードの検索結果

 

あと、最初に紹介したアドオンのようなものがあるので、家電やデジタル製品などは、楽天の固定費を払うよりAmazonなどに出店したほうが良いパターンがあります。

 

 

知り合いの韓流グッズを扱う店舗などは、1日数百万楽天で売り上げたりするようですし、通販モールのユーザー層なども考慮する必要があります。

って1ヶ月で売上数億、原価率はwww

『韓流』、つくづく凄いマーケットです。

 

 

集客手法ーSEOとリスティング、比較してみた

 

通販サイトやダイレクトマーケティングを行っている会社の方や、これから始めようと考えてらっしゃる方にとって、集客は頭を悩ます問題です。

 

僕の知識や経験なんて大したものではありませんが、真面目に記事を書いてみようと思います。

 

 

■まずはキーワードの調査から行いましょう。

 

自社で集客したいキーワードを決めます!

キーワード選定の順番としては、Googleアドワーズのようなリスティングを使う事をオススメします。

→Googleアドワーズ https://adwords.google.co.jp/

※こんな感じの画面が出てきますが、親切なので初めての人でも分かると思います。

 

で、こちらで調べることは3つほど

・実際のキーワードのクリック単価

・単価に対するクリック数

・キーワードのCVR

予算は数万円3〜5万円程度使ってキーワードの選定を行います。

サンプルデータを取るために行いますが、対象ターゲットの検索ニーズがあまりにも少ない場合は多少時間をかけていいでしょう。1日あたり3000円位でいいと思います。

 

で、ポイントとなるのは、『クリック単価』

どれくらいの費用で、1クリックが獲得出来るのか把握しておきます。

※ただし、クリック単価の出稿価格を上げればクリック数も上がるので、注意が必要です。

 

 

■SEO業者に見積を取ります。

 

で、次にSEOを行うに当たり数者から見積もりを取りましょう!

といっても、SEOはGoogleの検索アルゴリズム変動がありますので、

『必ず、100%』ということはありません。というかそういうことを言う営業は信用出来ないと言っていいでしょうwww最近はあまりそんな業者ありませんがね。

あと余りにも安い所は僕としては信用していません。

例えば、『月1万円で何百本リンク貼ります!』というところは、1リンク当たりいくらと考えた場合にその程度の価値しか無いリンクなんだと思うから。

人工に対してどの程度の質のリンクを作成するのかなどは詳細を確認すべしです。

 

で、、、あ、見積を取る前に、キーワードの検索数を調べておく必要があります。

アドワーズ管理画面で『ツールと分析』→『キーワードツール』にて調べることができます。※これ一番最初にやったほうがいいですね。。。

 

■SEOとリスティングを比較してみましょう

 

で、SEO業者からの見積もりをとって、実際に◯位に来た時にどの程度流入があるか?

ということをチェックします。

これは、ちょっと古いですが、米検索エンジンのAOLから流出したデータですね。

確か2005年位だったと思いますが、現在もほぼ変わっていないと思います。

 

例えば、月間検索回数が20,000回(Yahoo、Google含む)というキーワードに対して、SEO業者の見積が3万円、リスティングのクリック単価が20円、1ページ目(10位)に表示されるとして。

20,000✕1.6%=320クリック

320クリック✕20=6,400円

となるので、リスティングの方がお得と思うのですが、これはキーワードの特性とページ構成によって判断する必要があります。

 

 

■キーワードの特性ってなんぞや???

 

これは、経験則ですがキーワードによってロングテールの有り無しというのがあります。

例えば、『修理』などのキーワードは非常に多くのロングテールが存在します。故障の状況や状態などを検索して回復方法を調べるユーザーもいるでしょう。

その場合、『メインワード』が上位表示された場合、『ロングテール』も上位表示される可能性が非常に高いので、1ワードだけの流入予測では判断できません。

 

私の経験則だと、メインワード4割、ロングテール6割ぐらいでしょうか。

つまり、ロングテールが上位表示されると、メインの2.5倍位のトラフィックが稼げるということです。

 

まぁそれでも上の計算式でいくと16,000円位で獲得出来るトラフィック量なんですけどね。。。

 

 

■それだけじゃ判断出来ない

 

じゃあリスティングの方がいいやん!

ということになるのですが、あとはクリックからのCVRがどうか?ということを考える必要があります。

いわゆる『質の良いクリックか?』ということですね。

こればっかりは、両方を運用してみてから判断剃る必要が有るでしょう。

 

リスティングCVR:1%

検索エンジンCVR:2%

だった場合はSEOで集客したほうが最終的に費用対効果がいいということですから。

 

■WEBコンサル発注時の注意点

 

ハッキリ言うと、余りにも費用を掛けないで何とかしようなんて無理ですwww無理って言っちゃうとダメなんで、不可能に近い。というより結果が早く出ます。

リスティングとSEO、他にもFBやアフィリエイト、リアルイベントとの連携など、集客手法は数多くありますが、費用を掛けないで行うよりも、ある程度費用をかけてやったほうが良いと考えます。(経営者なら時間というコストも気になるでしょうし。)

 

なが〜くなりましたが、こんなことやりながらコンサルやらせていただいております。

ご用命がありましたらお問合せ下さい(笑)

継続のある取引が、安定経営に繋がり、新たな投資が出来る。

 

 

ご無沙汰ぶりのブログです。

 

 

 

というのも少し迷走しておりましてwww

オフィシャルもプライベートもwww

 

 

創業して口座残高がみるみる溶けていくのを見ていると、正直夜も余り眠れない程のプレッシャーというものを感じております。

しかし、色々と考える事が出てくる時にパートナーがいるということは非常に心強いなぁと感じております。

 

 

サラリーマン時代には感じた事もなかった経験と、悩み。いい面、悪い面含めて今は楽しんでやっていこうという感じですね。

 

直近では、新たな仕事を頂いたりこれから売上が立ってくる案件というものも

多くお話を頂くことが出来ており、しっかりやっていかなあかんなぁと思っております。

 

 

以前お話をお伺いしたある商品の買取を行なっている会社でも、

初めは全く取引先もなく、買取ビジネスの資金を回転させるということに

四苦八苦されていたということをお伺いしましたが、今では同業からも在庫の確認があるほどで、業界でも頼りにされている事などお話を頂いた事が有りました。

その時にやはり、継続してきちんと業務を行なっていくことで、

 

『継続のある取引が、安定経営に繋がり、新たな投資が出来る。』

このサイクルを実現されているんだなぁと感じました。

 

 

 

ちょっと今日は愚痴っぽいブログですが、ご勘弁をwww