ローカルビジネスのフランチャイズで気をつけるべきWEBサイトのSEOとか

 

最近自分の中でキー担っているフレーズで「何をしたかではなくどうなったか」というワードがあります。

売り手目線と買い手目線の違い。ですね。

 

情報を知らないということは買い手が悪いのか?

売り手は買ってもらうために頑張って営業するし、買い手はそのために情報収集をする。

まぁ当然と言えば当然なのですが、WEBに関しては素人が分からないのをいいことにしている例を最近良く目にします。※ローカルビジネスのWEBサイトなど

どんなものかという例は後述しますが、店舗の費用や収支採算などは色々考えたり調べたりするのに、「WEBに関しては全部まかせる」という人が多すぎ。Googleでちょっと調べれば分かることもたくさんあるのに。

もったいない。と僕なんかは思ってしまうのです。

 

何をしたかではなくどうなったか

「◯◯をした」というのは何か案件に対して成果物を納品するなどの事ですが

「◯◯が◯◯になった」というのは本当に買い手側が望んでいる事。

ドラッカーの書いている、『顧客の目的』というのは本当に深いなと。

「◯◯のシステムを導入した」ではなく「◯◯のシステムを導入したから経費削減ができた」ということを提供し続ける会社が残っていくんだと思います。

 

先日あったのですが、先輩の会社がHPを作ったということで、見てみたら見事に「Flash」を使っていて。Adobeがスマホ向けの開発を中止しているのになんで今更感ですよ、早速連絡してスマホ用に静的なファイルを用意して修正してもらっていたみたいですが。

知らない事をいいことに納品だけする。ちょっと腹立ちましたね〜。

 

ダブルインデックスやコピーコンテンツ

WEBにちんぷんかんぷんだと、なんのこっちゃって感じだと思いますが、同じようなページがいくつもあったり、他のサイトからコンテンツをコピーしてきたサイト(テキスト含む)というものです。

最近目に付くのがフランチャイズの会社がやっていることで

「サイト支給します」というもの。

見栄えはすっごい良く作ってあるのに、同一のサイトが数十サイト。。。

まぢありえんと僕なんかは思ってしまうのです。

そういうサイトはたいがい「◯◯」「◯◯」というワードで上位表示しています!と謳っていたり、(検索数の少ないようなロングテールワードなんですが)サイトを提供することで、付加価値をつけようとしているのかもしれませんが、全く逆効果ということに気づいてない。

WEBサイトなんて內容が同じだったら1時間もあれば作れちゃいますから。。。

やっぱり情報を知っているって大事だなぁ。

 

と、この月末に書いてみる。

画像全然使ってないwww

 

 

 

【SEO編】知識と細かさが無い営業マンからの電話は最悪。

 

先日の話。

 

SEOの営業が来た。

とかくこういう営業の人って何とかして会うためのアポ取りがすごい。。。まぁ自分も昔やっていましたが…。

とりあいずいつも「資料送っておいて下さい」という事をお伝えしているのですが、まぁ先日のはひどかった。

そもそもSEO(検索エンジン最適化)ってのが何なのか分かってるのかなと思うくらい。

SEOって自社のサイトを上げる為の施策ですが、ほぼ間違いなくキーワードに紐付いて費用が変動してくるんですね。

儲かるキーワード、儲からないキーワード。色々ありますから。実際サイトへ流入してくるユーザーが多くてもCVに結びつかないと意味ないし。やるだけ無駄。

 

昨日の会社なんて費用だけ書いて提案してくるし、その後かかって来た電話で聞いたら「キーワードまだ未定です」とか…。ちょっとヒドい。詐欺じゃん〜。

 

まぁ運営しているサイトだけみて、弊社のHPなんて見てないんだろうなぁと思います。ってか営業してくるんならそれくらい見てもらってた方がお互い時間も取られないし助かる。

 

 

いまなら「パンダアップデート」後でも順位を上げる方法が見つかりました!とかいう內容なら興味あるし、聞いてみたい。

色んな経営者の方と話をしてみて思いますけど、皆さんSEOのことは結構勉強されてます。WEB系にかぎらず、用語とかは知っている人が多い。(詳細は知らない人が多いんだけどね。)対策しないといけないけど、どうしたら良いのか分からない。という人がほとんど。

まぁ外部リンクの効果が無いとか言っている人もいますが、ん〜言い切りも出来ないしなぁという状態なので、内部対策の事とかも話してもらった方が納得感あるし。

ちなみに自分の中での見解は

1,外部リンクは無駄ではない、実際に行えば流入は増える(メインではなく、ロングテールの順位が上がっているケースが多い)

2,内部施策をどのようにするか、自分なりの見解を持つこと。キーワードによるが、パンダの際は画像メイン(↓)文字メイン(↑)というイメージ

3,とにかくサイトを育てる事に力を入れる。外部リンクの対策ではなく、内部の対策(ページ・ブログ更新作業など)を提案してくれると納得感がある。

 

昨日の担当者が見ているだろうか、まぁ見てないだろうがご参考に。

Yahoo!ロコ(プレイス)登録方法

 

 

先日Googleプレイスの登録方法をUPしましたが、今日はYahoo!ロコの登録について

こちらは、Googleプレイスに登録するよりも若干手続きが煩雑だったり、時間がかかるみたいですので、早めに行った方がいいでしょう。

 

Yahoo!ロコに登録する事のメリット

Yahoo!ロコはGoogleプレイスと同じように、「◯◯◯◯+地名」で検索した際に出てくるもので、下記の様に表示されます。

この赤枠で囲った部分に「Yahoo!ロコ」と表示されているのがそうです、検索の一番上に出てくることができるなんて素晴らしいですね。

費用は無料で登録することが可能です。有料は電話1件獲得につき525円とか、詳しくはこちらhttp://locoplace.yahoo.co.jp/charge/standard/index.html#call

※ちなみに検索した際に表示される地名と表示されない地名があるようです。

 

ではYahoo!ロコ登録方法について

まず、Yahoo!ロコですが登録出来るのは店舗オーナーか代行者のみとなります。

http://locoplace.yahoo.co.jp/charge/entry/index.html 

上記URLにアクセスします。

このページにYahoo!ロコでできる事などが書かれていますので、ちゃんと目を透しておいて下さいね〜!

このページが表示されると思うので、「次へ」をクリックします。

 

検索窓にキーワードを入れて

 

自社のサービスに合う(もしくは近い)ところを選びましょう。

すると、下記画面になりますので、確認して「次へ」をクリック

お申込情報という画面になるので、內容を埋めていきます。

ここまで埋めたら、確認し、利用規約に同意して登録します。

 

次に下記ページが表示されますので、「Yahoo!ビジネスID」の登録を行います。

この確認コードの所ですが、先ほど入力したメールアドレス宛てにメールが着ているはずです。

こちらの確認コードを入力します。迷惑メールフォルダなどに入ってしまう事もあるので、気をつけましょう。

これで、登録は完了です。

恐らく5〜10日程度で審査が完了し、Yahoo!から電話がかかってくるはず。

ただ、まだプレイスの登録は完了していませんので、審査通過後に設定を行います。

取り合いず今日はここまで。

また追加で更新します。

 

Yahoo!から審査完了の連絡後

やっと連絡が来ました、Yahoo!プレイスからの電話連絡。

しかし、ちょうど電話に出ることが出来ず、かけ直しても「Yahoo!発信専用ダイヤルです」とのこと。どうしようかと思ってたら、メールが届いてました。

こちらのメールに希望日時を記載して返信します。

後日指定した日時に電話があり、「確認完了しました」という旨を頂きます。

 

確認が完了しましたので、プレイスページの設定を行います。

Yahoo!ビジネスセンター画面上に「Yahoo!ロコプレイス」というサービスが表示されているので、こちらをクリックします。

このようにページ管理画面が出てきます。登録時、最初の段階ではプレイスページが未設定となっていますので、早速作成して行きましょう。

「プレイスページの新規作成」をクリックすると、テンプレートの選択画面に移ります。

テンプレートは33種類から選択が可能のようなので、好きなものを選びます。

選択したら、ページ下部にある「次へ」をクリックします。

次はレイアウト画面を選択。自分の好きなレイアウトを選択します。

表示されている入力內容に沿って入力していきます。

この際に「店舗/施設の紹介文」は出来るだけ多く記入した方がいいと思います。

記入內容を確認して、「プレイスページを公開」します。

公開後、「続けてページを作成」をクリック

こちらで色々な設定をすることが出来ますので、あとは店舗向けの情報を色々と変更・修正して完了です。

ローカルビジネスでの集客になりますので「Yahoo!ロコ内検索条件設定」は必ず設定したほうがいいでしょう。

以上で登録は完了です、お疲れ様でした!

Googleプレイス(マップ)登録方法

 

Googleプレイスは店舗運営をされている方にとって登録しておいた方が良い機能です。

特にスマホなどで「◯◯◯◯+地名」検索した際にマップが表示されることが多いのですが、これGoogleプレイスの情報を元にしています。

検索画面に表示されるのであれば、登録した方がいいです!

ちなみにPCだと、検索画面の右側に出ているこれですね。

ということで、登録方法をまとめてみます。

 

Googleの説明が簡素なので、順をおっていきます。

取り合いずGoogleのHPから登録方法について調べて見たのですが、こんな感じ。

ん〜、正直ちょっとわかりづらい。。。

ということで、実際の登録にもとづいていきます!

 

■用意するもの

・Googleアカウント※必須

・Google+アカウント(あればなお良し)

 

まずは検索で「Googleプレイス」を検索

もしくはこちらhttp://www.google.co.jp/landing/placepages/

 

で、検索画面からGoogleプレイスにアクセスすると下記のようなページが出てきます。

右上の「おみせのオーナーの方へ」というボタンをクリック

「オーナー登録する」という所をクリック

Googleアカウントにログインしていれば、この画面が出てくるので、「お店やサービスを追加」という所をクリックします。

※未ログインの場合は、ログイン画面が出てくるので、ID・PASSを入力します。

この画面が出てきたら、電話番号を入力後、「お店/サービスの情報を検索」をクリックします。

電話番号がGoogleに認識されていないケースがほとんどだと思いますので、この画面が出てきます。

必要項目を入力していきましょう。

営業時間なども入力出来ます。

支払方法や、各種情報を入力していきます。

間違いなく項目を入力したあとは、「送信」を行います。送信が完了すれば下記ページが表示されます。

Googleプレイスでは、所在地に人が居ることを確認する必要があります。

「PINコード」というものを最終的に入力しないといけないのですが、「電話」を選んだ方が早く済むのでいいでしょう。

その場合、指定した電話番号に電話がかかってきて「PINコード」の連絡があります。

最後はこの「PINコード」を入力して完了です。

お疲れ様でした!!!

 

既に起こった未来。これから伸びる市場はどこやろ?

 

ひっさしぶりにドラッカーを読んでみた。

書店行くのも久しぶりでしたが(普段はAmazonなので)中々面白かった。

幾つかためになる言葉があったので、少し書いてみると

「お客様は常に正しい」

「客が何を買っているかを考える」

「供給力不足の時代から過剰の時代へ」

「既に起こった未来」

他にも色々あるけど割愛させて頂く。が、やっぱ勉強になることばかり。

その中でも「既に起こった未来」について

 

既に起こった未来

結構有名な言葉なんですよね。

未来を予測することは出来ないが、既に起こることが分かっている事の意味ですが、例えば出生率から20年後の成人数が予測できるし、法律が変わった時などは、すぐ先の未来が予測出来る。

最近でいうと、相続税とかがHOTですね。※確か以前は5000万以上が課税対象だったけど、3000万以上の金融資産がある人は課税対象に。→相続対策の税理士マーケットが活況だったり。

ということですが、今気になっているのは日本の有効求人倍率。

ん〜、1倍って割っているんですね。求人に対して求職者数の方が多い状況なわけです。で、これって恐らく今後もっと少なくなっていくような気がしてます。

今騒がれているSHARPや、エルピーダメモリなんかを見ていると、やはり従業員数も多いですし、子・孫会社まで含めると結構な数なんだろうなぁと予測出来ます。

また、最近感じるのは中年者の早期退職を進めている会社が多いのでは?とも思っています。

 

人はどこへ行くのか?

これがまた面白い所なのですが、30代でも転職出来る人と出来ない人というのは明確にいます。40代になると転職って結構ハードルが高いんですよね。特にヘッドハントじゃなければなかなか見つからないのが現状だと思います。

で、どうするかというと、独立したいっていう人が結構いる。

※経営教育研究所様より引用

 

これはフランチャイズのチェーン数・店舗数の統計をとっているものですが、かなりの勢いで増えている事がわかります。

ちなみにコンビニって年間に何店舗程が新規出店しているかというと、ナント3000店舗になります!!!

これだけ過剰だと言われていても、出店数は半端ない。その分退店している店舗があるのも事実なのですが。

 

どのマーケットが伸びそうなのか?

いま僕が注目しているのは、少資本かつ労働集約型なもの。

例えば、

「介護事業」

「マッサージ・リラクゼーション」

等だと思います。

介護に関してはマーケットも伸びているし、必ず必要になるもの。

マッサージは現行の価格がかなり高く、また、新規参入する障壁が低い。

※ちなみに海外だとマッサージって日本の3分の1くらいやし。

 

ただ、何をするにしても、

「お客様は常に正しい」

「客が何を買っているかを考える」

この2つが頭に入っている方であれば問題無いと思いますが。

 

検索順位で上位に来るサイトがどれくらいCV取れるのか調べる方法。

 

さて、世間一般はお盆休みですね、しかし今日は暑い。。。

熱中症にならないよう水分補給補給。

 

既存ビジネスのマーケットを知りたいとき

会社で何か新しい事業をやろうと思っている時、実際どれくらいの売上が立つのだろう?とか、どれくらい問い合わせが来るだろう?と悩む事もあると思います。

自社HPでの問い合わせフォームなどを使った、反響型ビジネスを行なっている業種のマーケットサイズを知る方法について簡単に。

ただし使えないのが、

通販サイトなどのショッピングカートASPを使っている場合。

自社HPではなく、リクルートなどの媒体集客がメインになっている場合。

上記の業種では、調べることが難しいです…。はっきり言ってその会社の営業に事例を聞いた方がいいでしょう。

 

ただ、問い合わせフォームなどの反響型サイトを行なっている場合はマーケットサイズやシェアを調べることが出来ます。※方法はグレー過ぎて書けない(笑)

 

問い合わせ数が分かればビジネスとして成り立つか考える事が出来る。

想定CV数が分かればそれに対する費用などを計算すれば事業化出来るか検討できます。下手なリサーチ会社に相談するよりも確実に。

で、検索上位に来ているサイトの数字が分かれば、どれくらい費用をかけることが出来るかも計算出来るし、

想定CV数×客単価を出せばざっくりの年商が見えてきます。

 

新規事業、まずは市場規模を調べる事が大切ですね。

 

フランチャイズや開業支援。成功する人、失敗する人

 

だいぶご無沙汰ぶりのブログです。

前回が7月24日に更新しているので、約2週間位でしょうか?

 

まぁ、別に遊んでばかり居るわけでは無いんです。ばたばたとすることが多くてブログが後回しになっていました。

 

iPhone修理店舗の開業支援

まずこちら、業務提携させていただいている『iPhone修理あいさぽ』さんの開業支援ですが、本日出したプレスリリース。

http://releasepress.jp/archives/1309

現在決まっている出店地域は

8月に横浜

9月に大阪、大宮

10月に福岡天神、名古屋

という感じ。早急に全国展開したい所ですが。。。

 

オーナーさんの気持ちが一番大事!

現在たくさんの方の面談を行わせていただいておりますが、やはりうまくいく、いかないというのはオーナーさんの心の持ちようで変わってくるなぁと思っています。

研修時もそうですが、開店してからの店舗の店構えにしてもそうですし、看板などの集客物など。

まれに全部本部にお任せという方もいらっしゃいますが、はっきりいってそういう方は審査で落とします。

やはり一緒に仕事したいと思えるような人と頑張りたいですから!

 

成功する人、失敗する人

これははっきり言ってわかりません。

ただ、やはり真剣に考えている人、真面目に取り組んでいる人の方が成功する可能性が高いんじゃないかなと思います。

何でもそうですが、頑張っている人というのは応援してくれる人が出てくることが多いです。

下記は僕の勝手なイメージですが、成功する人としない人について

【成功する人】

■本部と一緒に盛り上げようとしてくれる人

■自責の念を持って何事も受け止める人

■決断の早い人

 

【失敗する人】

■他責、本部の責任にする人

■従業員からの信頼が得られない人

■後回しにする傾向が多い人

こんな感じでしょうか?

事業を行なっていくにあたって責任は全部自分で取る位に考えておかなければ行けません。特に他責に考える人はそもそも経営者として向いて無いのでは?と思います。

 

また、事業なんてやってみないと分からない事も非常に多いです。

僕が行なっているiPhone修理部品の通販サイトも実際の所売上の50%は業者向けの販売ですし、当初考えてもなかった事です。だからやってみないと分からない。

 

とにかくがむしゃらに走り続ければ、何か見えるもんです。