タイムマシン経営ってよく言うけど、ビジネスモデルの改良じゃね?

 

タイムマシン経営とは、

「タイムマシン経営」は、ソフトバンクの孫さんがネットバブルの頃に唱えていたキーワード。アメリカの最先端事例をコピーして日本にすぐに持ってくれば、アメリカと日本には数年の時差があるのでそれによってあたかもタイムマシンで未来からサービスを持ってきたかのごとく、サービスを成功させることができるというコンセプト。

※引用元 小海伸行様のブログより

実は私も最近知ったのですが、ドイツにロケットインターネットという会社があるのですが、やってることが結構面白くて。
知らない人もいるかもしれないので、ご紹介!

ビジネスモデルが結構面白くて、アメリカなどのスタートアップベンチャーが作ったビジネスモデルをコピーして
ドイツを中心とした欧州で展開→その後、本家の会社に買い取ってもらう、又はIPOさせるということをやっているらしく、
企業価値が10億ドルと言われているような会社です(すげ〜)

有名どころでは、ZapposのコピーであるLOCONDO(正確にはロケットインターネットの子会社が運営)
※Zappos

※LOCONDO

他にも、PinterestのコピーであるPinspire
※Pinterest

※Pinspire

(インターフェイス似すぎ)

あとは、グルーポンの前進であるクーパッドという会社に出資していたような。ここも結局グルーポンが買収しちゃいましたけど(1,000万ドルだっけ?)

タイムマシンモデルはmixiなども有名ですね。ただ最近はサブスクリプション(定期購入)系サービスの「Petite jeté (プティ ジュテ)」を撤退決定など、あまり良くないようですが。
サブスクリプション系は面白いなぁと思っているけど、狭い日本の中だと着ているものが『被る』というのは格好恥ずかしい。(僕も良く経験がありますが…)外に見えるものよりは、家の中とか見えない分野なら良いのかなと思います。

でも元々日本なんて他社が行なっているサービスを模倣する事なんてよくある事。
要はユーザーにとってより良いサービスを行えるかどうかだと考えると、タイムマシン経営なんて昔からあるんやないか?と思ってしまいます。(ビジネスモデル特許とかは別ですが)

2013年初ブログ

久しぶりのブログ更新です。
現在、初の決算作業中で、バタバタしているので更新が出来ていませんでした。

まぁ、中々簡単には行かないものですなぁと思いながら、2期目に突入したわけですが、まずは今年の目標として

年商4,000万円!を2013年目標にしていきたいと思います。営利は最低でも30%位までもっていきたい!

まぁ規模が大きくないので、こんな感じで今年はちょっと仕掛けて行きたいですね。ちょっとずつちょっとずつ座布団を高くして行きたいと思います。

 

弊社としては今年を勝負の年として頑張っていきます!
短い更新ですが、以上!