テレビの費用対効果って実際どうなの!?インフォマーシャルって?

先日ちょっと驚いた事があったので、ブログに更新。

『家事代行』のポータルサイトなのですが、割と低調な推移をしていた所、いきなりアクセスが伸びています!!!なんだ、これは何だということで、色々調べてみた所、16時台のアクセスが急増している。。。

で色々調べてみると、どうやらTV(カンブリア宮殿)の再放送が当日あったようで、家事代行のベアーズさんが取り上げられていました。

ふむふむ、だから検索からの流入が増えたんですね。

じゃあ、実際どれくらい増えたのか?というと、20→200位になったわけで、何件か問合せも頂きました。

番組の視聴率に関してはデータが出てないので、分からないのですが、カンブリア宮殿って平均で5〜6%程度の視聴率らしい。

※2012年5月のデータですが、ほぼ変わりないでしょう。しかも先日(2月17日)は再放送。視聴率3%位なのかな、正直分かりません。

実際には検索順位が『家事代行』というワードで4位ですので、TOPに表示されているのであれば、もっと流入が増えていたと思います。

 

で、じゃぁ効果の程はどうなのかなと考えてしまうわけです。

インフォマーシャル(5分間程度のTVスポットCM)の費用が出ていましたので、転載。ジェイコム様の場合。

http://jcom-media.jp/price/

350万世帯に対して5分で、140,000円。視聴率がどれくらいか分からないのですがカンブリア宮殿が5%いかないのなら、仮に1%と仮定して3万5千世帯。テレビCMの成約率は0.1%程度だと思いますので、35件。

成約単価:4000円かぁ、まぁ有りっちゃあり位のラインですね。もちろん扱っている商材にも寄りますし、上記には制作費用が入ってないので…。

ただ、テレビの影響力はホント大きいなと考えさせられます。こういう時の為にネット上に様々な網を広げておくということは大切だと思います。

 

顧客目線の営業とは

 

実は今色々と進めていることがありまして、他社の営業マンにお世話になっていたりするんですが、
ちょっとという感じだったので、自戒の念を込めて。

営業にとって大事なことは?
これは大前提として数字を取ってくることですが、僕は営業マン時代はとても苦手でした。
どうしてもお客さんの満足度とか、効果改善に力をいれるばかりに、全く売れないということも多々。
当時の会社には多大な迷惑をかけてしまっていたと思います。

ただ、数字を取りに行くということのプロセスとして『流れ』というのはあると思います。
既存顧客であれば、お互い勝手が分かっていると思うので、営業もやりやすいかもしれませんが、
新規の場合は営業相手がどのような商品、購入までの流れなどを理解していない事も多々あると思います。

なので、こういった痒い所に気がついてくれる営業マンというのは非常にありがたい!
例えば住宅の保険、保険のプランを決めるときに金額だけでは決められないですよね。
費用があって、保証内容があって、期間があって。それを電話で金額だけ伝えられても判断出来ない。

恐らくこういう営業マンは自分が営業を受けたことがあまりないのかな?
そういうことが重なると信頼感がなくなるし、連絡するのも嫌になる。

というか書いてて思ったけど、普通の営業なら普通にやっていることか!?

因みに私、もう5年位通っている美容室が池袋にあるのですが、
1年ほど前にオーナーからスタッフに担当替えをしました。
ずっとアシスタントをやってくれていた男の子で、売上をつけてあげたいからという理由ですが。
正直、技術はまだまだです。
良くない所もめっちゃ言います。
例えば、冬場のシャンプーは洗う前に必ず自分の手をお湯で暖めてから頭を触れ、とか細かいですが、
言いやすい人、言いにくい人いると思いますが、言われる内が華だと思って改善してくれているので、徐々にお客さんも増えていっているよう。

相手の気持ちになって、考えられる人になろう。

悪徳SEO業者に騙されないで、自社のサービスを磨くことが最もSEO効果がある?

先日あった話。

いやぁ最近のSEO業者は営業手法がホント詐欺まがいの感じになっているなぁと思ったのでブログに書こうかと思います。
それだけ厳しい状況なんだろうなぁと思うんですが、人を騙してはいけませんよ!!!
※もちろんキチンとやっている所はキチンとやっているので、信頼出来る業者を見つけましょう。

ロングテールSEOは自分でやって!

ちなみに正確には騙しているわけではありません。
ただ、知らないからといってお客さんを食い物にしているという感じでしょうか?

先日あった営業電話の内容は
・御社の狙っているキーワードのロングテールSEOを行いますという内容。
そもそも普通に営業している会社で、自社のロングテール順位を毎日チェックしている会社は非常に少ないのではないでしょうか?
もちろんGoogleAnalyticsを導入し、流入キーワードを見てはいるかもしれません。
ちなみに細かいキーワードの順位計測を行う場合には、『GRC』と言われる順位計測ツールを用いて計測するのが一般的。
■GRC(順位計測ツール)
http://seopro.jp/grc/
利用には年額1万円程度必要。
※ただ、これも厳密にはGoogleの利用規約に違反していますが、、、

で、話が戻るのですがSEO会社の提案内容というのが、
ロングテール用のページを作り、その検索順位を上げていくというもの。
料金は成果報酬で、1ページ目に入れば、日額数百円の費用が発生するというもの。

まぁ、成果報酬というのは良いかもしれませんが、はっきり言って効果無いでしょう。
訂正:効果が無いのではなく、費用対効果が無いと考えた方が良さそうです。
縛ってしまえば費用を支払わなければいけなくなります。

ちなみにロングテールSEOなんて自分で出来ます。(もちろんノウハウは必要ですが…。)

実際に契約解除の為に違約金を請求するケースも。少し古い記事ですが
http://biz-journal.jp/2012/11/post_1039_2.html

いい商品、サービスを作る事がSEOの近道

これは私の尊敬する方が良くブログなどでおっしゃっていることですが、
ビジネスモデルを作っていく事であったり、商品・サービスを開発することがもっとも大切だと言われています。

理由としては、簡単で『良いサービス』は口コミなどでブログに書かれる事により、自然とリンクが集まってくるので(ナチュラルリンク)検索順位が上がるというもの。
最近では個人で情報発信することも容易になりましたので、この考え方が正しいと僕は思っています。

SEO業者ももっとビジネスコンサルティングを行えばと思いますが、いかがなのでしょうかね?

 

 

ちなみに弊社で運営している『家事代行com』は家事代行の紹介サイトですが、現在メインワードの家事代行で4位まで来ています。費用は全くかけてないのですが、これもSEOをするなら月額10万円と言われていたものです。。。(笑)

スモールワードSEOはWordPressのブログがおすすめ。

 

事例の紹介ですが、現在集客代行させていただいている『靴修理・靴クリーニング』のサイトについて振り返り。

 

対象としているマーケットの検索エンジン対策が弱い場合は、結構簡単に集客が出来る事が分かって来ました。

取り合いずやった事としては、
1,SEO対策
2,ブログ更新
3,PressRelease配信
4,ブログサイドバーへの地域名の挿入
これだけで、全くゼロだったnetの売上が、月数万円から十数万円程度まで伸びそうです。

しかも初めて1ヶ月間でこの数字、クライアントも喜んでくれてるといいな。

で、ブログに関しては週1回は必ず更新を行う事にしているので、
365/7=50くらい?
単純に1年でページ数がそれくらい増えるので、今後がかなり楽しみ。今はまだ10記事程度なので…

これは訪問開始ページのデータ、(閲覧開始ページ)検索エンジン上からユーザーがアクセスした数字ですね。

※細かい数字は勘弁して下さい(笑)


※こっちは週別の検索エンジン流入数(12月頭にリスティングやってましたので、少し増えていましたが、最近はSEOのみです)

 

見ていると、TOPページではなく下層ページからの流入がかなり増えてきている。
TOPページのSEOキーワードは上がっているものの、限界が見えているのでこれ以上は期待が出来ない。
であれば、別ページから集客をおこなう事に注力していこうというのが、クライアントとの共通認識。
パレートの法則じゃないけど、TOPページ20%、下層ページ80%。2:8位の比率くらいまでは持って行きたい。
今ブログが大体15ページ位だから、40ページ位まで持っていければそれくらいの比率になるかな?

しかしやってみると、スモールワードSEOはホント面白い。
どんなキーワードで流入してきたユーザーの回遊率が良いのかを見て、更新するページ内容を決めていくことが出来るし、その点WordPressは便利だなと思う。
今の時期はムートンブーツなどのクリーニングの依頼が多いが、夏になると全く無くなると思うので、春頃から修理系のキーワードにシフトする予定。

まぁ大きくは稼げないかもだけど、継続して成約が上がってくる仕組みというのは大切だ。
『座布団経営』少しずつ高く出来るように。