BARの集客?とりあいずブログ書いて下さい。新メニュー?現状のお客さんの分析したほうがいいですよ。

 

最近会う人に『ブログ見てます!』といわれると、何だかちゃんとした事を書かないといけないなぁと思います。正直、前まではちゃんとしたことを書かないといけないと思っていたのですが、余り気にせずに自由に書いた方が楽なので、そんな感じで更新させていただいております。

 

で、今日は近所のBARの話。

前々から行ってみようと思っていたBARがあるんですが、なかなか足を運ぶ事ができず、外から見た時にお客さんがいなかったので、行ってみようと思って行った話です。

ちなみに私そんなにお酒が得意ではないのですが、雰囲気とかが好きで、一人1,2杯だけ飲みに行ったりしてます。

 

そのBARは余り人通りが多いところではなく、ひっそりとした感じのところにあって、行ってみようと思っていたけど、勇気が無くて行けなかった感じです。というか家から一番近いところにあるので、帰りにフラッと寄れるところがあればなぁと思っていたのです。

 

正直行ってみたところ、2度目はないかなぁと思っているのですが、そこのバーテンさんはWEBの制作会社で働きながらバーテンをやっているということだったのですが、集客に関してほとんど無知だったので、もし見られる事があれば、ご参考までに。

■集客に関して

まず、新規のお客様を広げるのか。それとも既存のお客様のお知り合いを増やすのか?どちらかだと思いますが、新規の場合HPの役割は非常に重要です。

ブログやTwitterやってます!と言われ、見てみたけどブログは1〜2ヶ月に1回程度の更新、Twitterは既存客じゃないとフォローしてないだろうから実際のところド新規のお客様を捕まえようと思うと、ブログが重要です。食べログ、Googleプレイス、Facebookに登録したといっても、BARというところに来るお客さんがどんな人なのか、もう少し考える必要が有るのでは?と思います。

そもそも居酒屋みたいに複数人で入る事を前提にしているところであれば、食べログなどのポータルサイトは有効だと思います、予算が決まっていて、食べるエリアが決まっていて、店の雰囲気だとかが分かれば大体同じようなものです。

でもBARというのは、一人で来るお客さんも多いし、それこそ事前情報が全くない状態で店に入るというのは中々無いんじゃないでしょうか?

そういう媒体に出ている事は、安心感にも繋がるので、そういった意味では『アリ』です。ただ、新規のお客さんがどういう点でお店を選んでいるか?ということを考えると、『どんなバーテンさんがいるのか?』『どんなお客さんがいるのか?』『どんな内装なのか?』最も大切なのは『バーテンさん』だと思います。

それこそ、全く話しかけない感じの店員さんなのか、よく話してくれるのか?あと、お客さんは一人で来ている人が多いのか?グループが多いのか?この辺は取りたいお客様の層によって変わってくると思います。

※というか私BARで働いた事も全くないので、色んなご意見あると思いますが、とりあいず書きます。

ブログも出来るだけ頻繁に更新したほうがいいでしょう。外部のアメブロとかやめて下さい。更新しても本体サイトにはSEOの効果はほとんどありません。ブログの更新をキチンとしていれば、『ちゃんとやっている店』として新規のお客様も見てくれるでしょう。

 

■新メニューについて

新メニューはどういう意図で行うのか?新規のお客さんを増やす為か、既存のお客さんの売上を伸ばす為か?

新規のお客さんを増やす為であれば、新規の集客ができてない(SEOが全く出来てない)状態であれば辞めた方が懸命だと思います。既存のお客さんの売上、又は既存客の知り合いに来てもらう為の施策であれば『アリ』です。

そもそも新規を増やす為に新メニューを始めました!といっても告知する術が無いので、難しいです。であればまずはHPや集客面を改善してから新メニューの開発に掛かるべきです。というかそんな時間があればブログの1つや2つ更新した方がいい。

既存客の売上UPを図るのであれば、メイン商材(ビールなのか焼酎なのか?)を見極め、メニューの横展開をしたほうが良いと思う。

 

ということで、まとめると下記です。

■集客に関して
HPのリニューアル以前に、集客のノウハウが分からない状態でやっても意味が無い!?新規のお客様をつかむなら、安心感をもって来店出来る環境を作るべき。

■新メニューについて
こちらは、順番だと思います。集客出来ているんなら新規客向けに!出来てないんなら、既存客向けに!

 

とはいえ、上に書いたことはテクニック的な事なので、本当に大切な事はスタッフがどれだけお客さんとの関係性を築いていけるかだと思います。こればっかりは集客とは別物で、テクニック的な部分ではないと思っているのであしからず。

 

価格はサービスに比例するが、顧客満足度は別のところにある?

 

昨日仕事終わり、急に髪を切りに行きたくなって新宿のとあるお店へ行って来ました。初めての店舗だったのですが『ホットペッパーBEAUTY』で予約して(笑)

以前ブログにも書いた事があるのですが、僕は髪を切る時は池袋の美容室って決めているところがあって。もう何年位かな、ずっと通っているんですが、たまに他の店舗も行ってみて、サービスの内容とか雰囲気とかを比較するのが好きなんです。

で、ホットペッパーのクーポン【カット+縮毛矯正5,000円】安っ!と思って早速netから予約。あ、蛇足ですがリクルートって最近ロゴが変わったので、何かなぁと思ってたら分社化してるみたいですね!ホットペッパーとかは『リクルートライフスタイル』という会社になってるみたいです。だからロゴが変わったのかと納得。

これね。

 

で、実際店舗へ行ってみると何だか微妙な空気。まぁ閉店間際だったのもあると思うんですが、元気が無い。と言うか『来店ありがとう御座います!』的な感じが無いんですよ。。。※昨日のサロンさん、これ見てたらごめんなさい。

なんだろう、何か流れ作業みたいな感じで(笑)ん〜。まぁ安いから仕方ないか。と思ってしまったんですが、多分2回目は無いです。安かろう悪かろうというわけではなく、カットの技術とかも良かったし。というか池袋の店舗より良かった(※語弊が無いように言うと、池袋の担当は最近やっとスタイリストになった男の子)

安いクーポンで来てるから、そんな感じなのか、僕が取っ付きにくい感じなのか。まぁなんだ、良い勉強になりました。『他山の石以て玉を攻むべし』という言葉がありますが、こういう経験を自分に活かすように考えている。

 

安かろう悪かろうでは、お客さんはリピートしない。安くても再度行ってみたい、友達に教えてあげたい。価格に応じて内容は変わってしかるべきだと思うが、サービスってなんだ?まぁ結局は人なんだろうと思いますが。

家の近所には結構ご飯を食べるところが沢山あって。昼時なんかはサラリーマンの人で一杯!同じ中華でもランチ680円の中華と1200円の中華だとやっぱ接客も違うし、客層も明らかに違う。680円の方はサラリーマンばかりだけど、1000円の方はお年を召した女性の方が多い。1000円の方は禁煙なので、客層も違うのかもしれないけど、落ち着いて食べれるし、何より『米』が上手い(笑)

人によってどこを見るのか、ポイントが違うんでしょうけど。※ちなみに私の母は飲食店に行くと、必ず『トイレ』がキレイかどうかを見るらしい。。。私は断然『米』だ。おかずが多少ヘンでも、米が上手ければ美味しいとおもってしまう(笑)

 

ちょっと蛇行してしまいましたが、何が言いたいかというと、サービスって払った金額に見合うものであるべきだと思うということ。いわゆるマーケティングってやつで、自社の狙うべきターゲットがどんな人達なのか?その点をしっかりと考える事と共に、サービスのプライシングを行う必要があるということ。例えば、先述の美容室にとって、多少のお金を払ってでも満足して帰りたいと思っている僕はターゲットではないということ。ただ、そのお店にとってのマジョリティを取っていくことが大切で、稀有な顧客事例に注目してしまい、本来のお客様を見失わないように注意する必要がある。

まぁそのためにも『顧客情報』というのが大切で、年齢、性別、住所、職業などをセグメントして自社のメインターゲットというのをしっかりと把握する必要がるのですが、出来てないところが非常に多いのも現状。

『小』ではなく『大』を見ていく事が大切という感じですね。

ただ、その『大』マジョリティの動向は注意しておかないと、市場の変化で一気にダメージを食らう事もあるので。。。

 

 

あ、何か書きたいことを書いてたら本筋とずれているのですが、要は

『価格はサービスに比例するが、顧客満足度は別のところにある?』って感じですかね。

WEBコンサルティングの本質とは?

 

WEBコンサルティングって私も会社のtitleタグに入れてSEO対策を行なっています。が、実際のWEBコンサルティングというのは何なのでしょうか?会社によっても提供しているサービスが違うし、『SEOです!』と言い切る会社もある。確かにSEOで順位が上がればアクセスが伸びるので、分かりやすい。が、サイトの目的は何なのか?恐らく多くの会社では、『集客』と考えると思います。じゃあその集客したお客さんは本当にお金を落としてくれるお客さんなのか?

問題は『お金を落としてくれる』という点であって、『集客』ではない。ただ、集客出来なければマネタイズ出来ないので、ある意味矛盾している。

 

最近はWEB制作ではなく、WEB運用会社にニーズが変化してきているんだと思う。では、サイトの目的は何なのか?

A、安くて見栄えは悪いが、集客が出来るサイト
B、高額の費用を使い、とても良いサイトが出来たが、集客はあまり出来ないサイト

Bであり、Aのサイトが最も良いのだと思うけど、マネタイズ出来なければ意味が無い。そもそも、集客出来るか分からないサイトに高額の費用を掛ける意味があるのか?

 

サイトを見に来るユーザーは何を求めているのか?

業種によってお客様の来店動機も違うと思うし、一概には言えないけど、やはり日々のブログ更新などはかなり重要なんだと思う。

それはSEOという点もあるだろうけど、アクセスしてきたユーザーの不安感を拭ってあげる事も出来るし。会社・店舗がキチンと運営されている。ということの証になるからだ。

初回アクセスのユーザーというのはそれだけ不安が大きいということを認識する必要がある。

 

逆に制作会社の立場になって考えると、会社を経営している方が求めているのは『制作会社』ではなく『運営会社』なんだと思う。作るだけなら、個人レベルでも時間をかければ作れる。けど集客となるとまた別で、様々な手法やSEO、本質的にはユーザーの気持ちを理解出来る。ということが非常に重要だと思う。

この商材だとユーザーは◯◯のように考えるだろうから、◯◯の媒体を使った方が良いとか、集客手法も一概には言えない。だけど、制作会社だとそのユーザーの気持ちが分からない+集客をした実績が無い。ということが多々ある。

サイトの制作会社はビジネスモデルの理解をもっともっと進めないと、厳しい状況になってきているんだ。

 

そして、ユーザーの気持ちが理解出来れば、サイトだけでなく事業全体に関しても変えなければいけない部分も出てくるし、そういったことをトータルでアドバイスしてくれる人というのが、WEBコンサルタントなんだと思う。

何かこう取り留めの無い文章だけど、取り合いず書きたくなったので。

上位表示させてみて分かった!家事代行業界はSEOに向いてない…と思う。

どうも、ここ数日の花粉で死にそうになりながらも何とか生きております。小田です。

しかも今日は空が若干黄色い。黄砂らしいですが、洗濯物は外に出せないですね。

 

さてさて、不定期に更新しているブログですが、集客にも親和性があるもの、無いものがあるなぁとデータを観ながら。半年程前からやってます、家事代行のサイトですが、まぁ残念な感じのデータを共有出来ればと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家事代行comについて

『家事代行』月間検索数:5,400回(Googleのみ)半年程前は8,100回程あったので、若干減ってるようです。

現在の順位は3位前後をウロウロ。※このへんの順位まで行けば、テールワードも併せて、1日100アクセス位は見込みの高いユーザーが集客出来る?と思っていましたが、蓋をあけるとこんな感じです。

良くて週間で200前後。。。しかもこれ検索だけだと45%位まで下がってしまうという。実質1週間に100人前後位が検索エンジンから流入している感じでしょうか。

想定の7分の1です。。。

もちろんサイトからの問合せなどもあるのですが、まだまだ満足出来ない感じ。とは言え、そんなに費用をかけて集客するつもりも無いので、まぁ経験値としては非常に役にたったかな。

流入が少ないのは何故なのか?理由を考えてみた。

まず、思い当たったのが下記

①そもそも家事代行会社が『家事代行』というワードで検索をしていて、ユーザーが少ないのでは?

②ビッグワードだけで検索されていて、ロングテールワードを検索するユーザーが少ない。

③Yahoo!で検索されてない(笑)んなことないか。。。

 

で、①についてですが、これは結構考えられることなのかなぁと。実際に私も他の業界などでサイトの順位を知りたいときは検索エンジンで調べる事も多いですし。②については、十分考えられる事だと思います。キーワード順位計測などを行なっても、上位に来ているけど、流入しない。と言うことは、そもそも検索するユーザーがいない。(ビッグワード以外)これは、非常に勉強になりました。もともと、『看護師△求人』などのビッグワードでは、これ以外に検索するキーワードが無い。なので、このキーワードのSEO単価は非常に高いなどの事はありました。が、家事代行ってこんなものなのか。と言うか少なすぎ(笑)③は論外です、ハイすみません。

自分が実際に家事代行業をやるときはどうする?

これは、結構考える所ですね。

結局上のデータなどを見る限り、netからの誘導というのが中々難しい。もちろん探しているユーザーはいるのだけど、じゃぁnetにどれだけ力を入れるか?って話なんだと思います。例えば、ブログを毎日更新するとかしても、あまり新規の集客には結びつかないのかなと思います。※既存客のフォローとしては有効だと思います。

となると、そういう事に力を使うよりは、スタッフ育成になるわけです。特にお客様の家に行って、留守中にキレイにするということは、信頼関係が大切で。人対人なので、求人とか、スタッフ育成とか、その辺がポイントなのかなと思います。まぁ何の仕事でもそうですが、口コミや評判が大切になるので。

ただ、難しい所としては、スタッフの売上貢献度ががあまり高すぎると独立された時に売上をそのまま持っていかれるという所。ここは色々と考える部分かもしれませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

netだけ、順位だけで考えると、上手くいかない事も多々あります。ただ、やってみないと分からないというのも事実。

花粉症も、なってみないと辛さは分からないのと同じ。。。

 

業務委託契約という名の労働マルチ。

ちょっと色々考えてしまった件。先日のことです。

確かその日はかなり寒くて、雨も降っていたと思うのですが余り家から出たくないなぁという感じの日でした。ちょうどパソコンをカタカタやっていた時にチャイムがなって、誰かな?と思ってドアまで行き「はい」と返事をすると『八百屋です!』という声が。。。八百屋が何故!?という感じではあったのですが、取り合いずドアを開けてみると、女性がダンボールを抱えて立っている。。。何かよく分からんが、この寒いのに、雨も降っているのに、カッパ着て。何と言えば良いのかよく分からないのですが、必死に商品(くだもの)の説明をしてくれる。余り聞いた事の無い果物を紹介され、ダンボールの中も残りが少なそうだったので全部買いました。みかん?オレンジみたいなの6個ときんかん1袋、合計2,000円。。。

正直、今思えば少し高いのかなぁと思います。というのは実際に食べた商品があまり美味しくなかったから。果物屋の友達もいるし、高級フルーツは本当に美味しいというのは分かるし、値段が高いのも納得出来るんですが…。(岡山のぶどうなんかは高いと1房7,000円位するし)まぁあの営業力に負けたという感じでしょうか。次来られたらどうかなぁというふうに思ってしまいます。

 

で、この販売している会社の事が色々気になったので、ネットで調べてみるとまぁ情報が出てくる。社名などは控えさせて頂きますが、労働マルチってことを言われているみたい。

知らない事が多いなぁと思いながら見ていると、こんな方法らしい。

・求人を出すときには「正社員」「アルバイト」などの内容で表示させ、月給50万以上可、海外研修有りなどの情報が載っているが、実際に面接をしてみると「業務委託契約」になるらしい。業務委託契約自体はよくある話なのだが、成果報酬という所にミソがある。固定+成果報酬ではなく成果報酬のみなのだ。

しかもその成果報酬というのが、販売額の20〜30%らしく。いくら頑張って売ってきてもそもそも給料に反映されにくい。※しかも残ったフルーツは買取をしないといけないとか。。。役職者は確かに海外研修などに行っているらしく、役職者に憧れ、頑張って働くらしい。正直経営としては上手いなと思うのですが、働いている側からするとどうなんやろう。

きちんと断ってあげることが、ゆくゆくはその人にとってもいいのかなぁと思いました。

新しいWEBサービスを作るのがどれだけ難しいか?マーケットサイズとマネタイズ方法

 

もう3月に入ってしまいましたね、今日は暖かい風で花粉がかなり舞っているのか、ホントにしんどかったです。。。

更に帰りに豪雨に見舞われたので、今はスタバで休憩がてらブログを更新してます。しかし金曜の10:00頃だというのにスゴイ人。

 

実は先日、HPから問合せがあって、WEBサービスのコンサルティングをお願いしたいという案件があり、思う所がありましたのでココで書かせて頂きます。

結論からいうと、お断りさせていただ来ました。理由は私に時間が無いというのもあったのですが、主には早期にマネタイズ出来るイメージが無かった為。運営会社の代表の方はホントにアツい方で、何かお力になれればと思ったのですが、、、

 

で、マーケットというものについて改めて僕の方でも勉強する点があり、まぁ仕事にはならなかったのですが、良い気づきと共に難しさが有りました。

■新しいWEBビジネスモデルを作るということ。

最近思うことでもあるのですが、これ本当に難しい。イメージとしてWEBサービスを開発している会社のピラミッドって、「裾野がものすごく長くて」「頂点は果てしなく高い」ということ。

実際にはこんなビラミッドなわけは無く、裾野が何倍、何十倍とも広いく、頂点は上が見えない位高いイメージ。

 

何でもそうなのですが、何か新しい事、既存に無いビジネスを始めるときって、ものすごくハードルが高くて。そもそもユーザーがお金を払う事なのか分からない。特にnet関係だと、簡単に始める事が出来るんやけど、結局の所どこでマネタイズするか?という点が抜けている場合が多い。

また、マネタイズ出来たとしても、当初考えていた売上に目処が立たない。ということも良くある。

そういう点で、マネタイズしやすいものとしては、「物が動く商売」「内容が分かるサービス」というのは良いなぁと思います。

net系の新しいサービスだと、ユーザーがサービスの価値を測りかねてしまう場合が良くあるような感じで。既に提供されている物としての認識が無いものにお金をどれだけ出させるか?という「営業力」も必要になる。こういう点が新しいサービスを作るときにビジネスモデルとして、考えられているか?

あ〜、あとマーケットサイズと、支払ターム(ショットなのか、継続なのか)という点も非常に大事。ってかこれ調べてからじゃないと、無理やんって思うけど、意外と調べてない人多いのね。

 

先日お話させていただいた方は、その点が抜けていたのが、残念に思います。とにかくユーザーにとって良い物、機能の多いもの。という感じで詰め込んでいって、最終的に何がやりたいのかよくわからない。そういうものになってしまった感じでした。

元々アパレルの会社にいたので、デザイナーの方なんかはそういった人が多かったような気がします。「面白いもの」「奇抜なもの」を作る傾向にあるというか…。実際は、買ってくれるものを作るということが大切で、お金を出してくれているということは、お客様の為になっているということを認識する必要があるのかなぁと思っています。

まぁだったら新しいサービスなんて作れんの?という感じですが、ユーザー目線に立って開発をすれば出来るとは思います。あとはそこに、自社にとって利益の出るマネタイズ方法が出来ればという感じ。

 

ちなみに先日ご来社頂いた方は同い年だったので、色々キツ目の事を言ってしまいましたが…。まぁ人は外見(服装とか)も大切だということで。。。

起業されてまだ数ヶ月みたいなので、弊社同様ゲリラ戦を頑張って欲しいですね。

 

 

ちなみに今苦しんでいる花粉症の患者数は2,000万人と言われているらしいです。5人に1人位が悩んでいるのか。そりゃTVCMも打てるわけだ。花粉症には杉茶が良いとされているみたいなので、帰って飲みます。。。

とりあいずこれ買ってみたので(笑)