BARの集客?とりあいずブログ書いて下さい。新メニュー?現状のお客さんの分析したほうがいいですよ。

 

最近会う人に『ブログ見てます!』といわれると、何だかちゃんとした事を書かないといけないなぁと思います。正直、前まではちゃんとしたことを書かないといけないと思っていたのですが、余り気にせずに自由に書いた方が楽なので、そんな感じで更新させていただいております。

 

で、今日は近所のBARの話。

前々から行ってみようと思っていたBARがあるんですが、なかなか足を運ぶ事ができず、外から見た時にお客さんがいなかったので、行ってみようと思って行った話です。

ちなみに私そんなにお酒が得意ではないのですが、雰囲気とかが好きで、一人1,2杯だけ飲みに行ったりしてます。

 

そのBARは余り人通りが多いところではなく、ひっそりとした感じのところにあって、行ってみようと思っていたけど、勇気が無くて行けなかった感じです。というか家から一番近いところにあるので、帰りにフラッと寄れるところがあればなぁと思っていたのです。

 

正直行ってみたところ、2度目はないかなぁと思っているのですが、そこのバーテンさんはWEBの制作会社で働きながらバーテンをやっているということだったのですが、集客に関してほとんど無知だったので、もし見られる事があれば、ご参考までに。

■集客に関して

まず、新規のお客様を広げるのか。それとも既存のお客様のお知り合いを増やすのか?どちらかだと思いますが、新規の場合HPの役割は非常に重要です。

ブログやTwitterやってます!と言われ、見てみたけどブログは1〜2ヶ月に1回程度の更新、Twitterは既存客じゃないとフォローしてないだろうから実際のところド新規のお客様を捕まえようと思うと、ブログが重要です。食べログ、Googleプレイス、Facebookに登録したといっても、BARというところに来るお客さんがどんな人なのか、もう少し考える必要が有るのでは?と思います。

そもそも居酒屋みたいに複数人で入る事を前提にしているところであれば、食べログなどのポータルサイトは有効だと思います、予算が決まっていて、食べるエリアが決まっていて、店の雰囲気だとかが分かれば大体同じようなものです。

でもBARというのは、一人で来るお客さんも多いし、それこそ事前情報が全くない状態で店に入るというのは中々無いんじゃないでしょうか?

そういう媒体に出ている事は、安心感にも繋がるので、そういった意味では『アリ』です。ただ、新規のお客さんがどういう点でお店を選んでいるか?ということを考えると、『どんなバーテンさんがいるのか?』『どんなお客さんがいるのか?』『どんな内装なのか?』最も大切なのは『バーテンさん』だと思います。

それこそ、全く話しかけない感じの店員さんなのか、よく話してくれるのか?あと、お客さんは一人で来ている人が多いのか?グループが多いのか?この辺は取りたいお客様の層によって変わってくると思います。

※というか私BARで働いた事も全くないので、色んなご意見あると思いますが、とりあいず書きます。

ブログも出来るだけ頻繁に更新したほうがいいでしょう。外部のアメブロとかやめて下さい。更新しても本体サイトにはSEOの効果はほとんどありません。ブログの更新をキチンとしていれば、『ちゃんとやっている店』として新規のお客様も見てくれるでしょう。

 

■新メニューについて

新メニューはどういう意図で行うのか?新規のお客さんを増やす為か、既存のお客さんの売上を伸ばす為か?

新規のお客さんを増やす為であれば、新規の集客ができてない(SEOが全く出来てない)状態であれば辞めた方が懸命だと思います。既存のお客さんの売上、又は既存客の知り合いに来てもらう為の施策であれば『アリ』です。

そもそも新規を増やす為に新メニューを始めました!といっても告知する術が無いので、難しいです。であればまずはHPや集客面を改善してから新メニューの開発に掛かるべきです。というかそんな時間があればブログの1つや2つ更新した方がいい。

既存客の売上UPを図るのであれば、メイン商材(ビールなのか焼酎なのか?)を見極め、メニューの横展開をしたほうが良いと思う。

 

ということで、まとめると下記です。

■集客に関して
HPのリニューアル以前に、集客のノウハウが分からない状態でやっても意味が無い!?新規のお客様をつかむなら、安心感をもって来店出来る環境を作るべき。

■新メニューについて
こちらは、順番だと思います。集客出来ているんなら新規客向けに!出来てないんなら、既存客向けに!

 

とはいえ、上に書いたことはテクニック的な事なので、本当に大切な事はスタッフがどれだけお客さんとの関係性を築いていけるかだと思います。こればっかりは集客とは別物で、テクニック的な部分ではないと思っているのであしからず。

 

上位表示させてみて分かった!家事代行業界はSEOに向いてない…と思う。

どうも、ここ数日の花粉で死にそうになりながらも何とか生きております。小田です。

しかも今日は空が若干黄色い。黄砂らしいですが、洗濯物は外に出せないですね。

 

さてさて、不定期に更新しているブログですが、集客にも親和性があるもの、無いものがあるなぁとデータを観ながら。半年程前からやってます、家事代行のサイトですが、まぁ残念な感じのデータを共有出来ればと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家事代行comについて

『家事代行』月間検索数:5,400回(Googleのみ)半年程前は8,100回程あったので、若干減ってるようです。

現在の順位は3位前後をウロウロ。※このへんの順位まで行けば、テールワードも併せて、1日100アクセス位は見込みの高いユーザーが集客出来る?と思っていましたが、蓋をあけるとこんな感じです。

良くて週間で200前後。。。しかもこれ検索だけだと45%位まで下がってしまうという。実質1週間に100人前後位が検索エンジンから流入している感じでしょうか。

想定の7分の1です。。。

もちろんサイトからの問合せなどもあるのですが、まだまだ満足出来ない感じ。とは言え、そんなに費用をかけて集客するつもりも無いので、まぁ経験値としては非常に役にたったかな。

流入が少ないのは何故なのか?理由を考えてみた。

まず、思い当たったのが下記

①そもそも家事代行会社が『家事代行』というワードで検索をしていて、ユーザーが少ないのでは?

②ビッグワードだけで検索されていて、ロングテールワードを検索するユーザーが少ない。

③Yahoo!で検索されてない(笑)んなことないか。。。

 

で、①についてですが、これは結構考えられることなのかなぁと。実際に私も他の業界などでサイトの順位を知りたいときは検索エンジンで調べる事も多いですし。②については、十分考えられる事だと思います。キーワード順位計測などを行なっても、上位に来ているけど、流入しない。と言うことは、そもそも検索するユーザーがいない。(ビッグワード以外)これは、非常に勉強になりました。もともと、『看護師△求人』などのビッグワードでは、これ以外に検索するキーワードが無い。なので、このキーワードのSEO単価は非常に高いなどの事はありました。が、家事代行ってこんなものなのか。と言うか少なすぎ(笑)③は論外です、ハイすみません。

自分が実際に家事代行業をやるときはどうする?

これは、結構考える所ですね。

結局上のデータなどを見る限り、netからの誘導というのが中々難しい。もちろん探しているユーザーはいるのだけど、じゃぁnetにどれだけ力を入れるか?って話なんだと思います。例えば、ブログを毎日更新するとかしても、あまり新規の集客には結びつかないのかなと思います。※既存客のフォローとしては有効だと思います。

となると、そういう事に力を使うよりは、スタッフ育成になるわけです。特にお客様の家に行って、留守中にキレイにするということは、信頼関係が大切で。人対人なので、求人とか、スタッフ育成とか、その辺がポイントなのかなと思います。まぁ何の仕事でもそうですが、口コミや評判が大切になるので。

ただ、難しい所としては、スタッフの売上貢献度ががあまり高すぎると独立された時に売上をそのまま持っていかれるという所。ここは色々と考える部分かもしれませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

netだけ、順位だけで考えると、上手くいかない事も多々あります。ただ、やってみないと分からないというのも事実。

花粉症も、なってみないと辛さは分からないのと同じ。。。

 

飲食店の新規顧客獲得手法について

さてさて、本日はその飲食店の新規獲得手法についてシェアしたいと思います。

新規顧客獲得手法について

様々な手法があると思いますが、代表的なものから、そんなものまでという感じです。他業種でもローカルビジネスを行なっている場合は参考になるのでは?

 

口コミ
口コミは最も来客に繋がる可能性の高い手法です。費用も当然かかることはありません。大切なのは一人ひとりのお客様にしっかりと喜んでもらう事でしょう。また、お客様との距離感なども大切になると思います。

店前看板
店前看板は飛び込み客を獲得することを目的とした手法です。目的性の低い店舗(カフェ、ラーメン店)などの場合は非常に有効でしょう。逆に目的性が高い店舗の場合、効果は低くなります。※ただし、入りやすいということも考えられる。

テレビ
一般の飲食店でテレビを使うという機会は、ほぼ無いでしょう。チェーン展開しているブランドなどでは、スケールメリットが得られるので実施する場合もあると思います。

グルメ雑誌
じつはこれはかなり効果があると思っています。雑誌の場合は、広告出稿と取材掲載の2パターンがありますが、広告出稿の場合はそれなりの費用は必要です。話題性などを店舗でつくり、取材掲載をしてもらえるような仕掛けがあるといいですね。

ホームページSEO
意外にこのホームページというのをやっている飲食店は少ないんです。しかもちゃんと運営しているという点になると、更に少なくなるのでは?運営しているというのは、ページが更新されているということですが、やはり飲食店などの場合気になるのは「どんなお客さんが来ているか?」ということ。をポイントに更新していけばと思います。

NETメディア(食べログなど)
NETのメディアも最近では無料で掲載出来るようなものもでてきており、有効だと思います。気をつけないと行けないのは、口コミなどで悪評を書かれてしまうこと。そうならないように、普段の営業から気をつけることが大切です。

法人とびこみ
これ、意外に思われるかもしれませんが、結構反応率が良かったりします。居酒屋のような宴会の場面で使う場合は、飛び込みで予約を獲得するなんてことも出来るのかも。

FAXDM
FAXDMは低コストで出来るのですが、割とクレームになってしまう事のある手法です。店舗近隣1,000枚で29,800円程度の費用で出来るみたいなので、上手く行けば効率の良い手法かもしれません。ただ、恐らくですが複数回行う事で反応率は下がるのかと思います。

置きチラシ
自分の知り合いの店舗などに、チラシを置いてもらう手法です。懇意にしている方であれば、同時に口コミの効果もあるので、積極的に行ったほうがいいでしょう。

郵送DM
DMは意外と費用がかかります。。。ロットによって変わってきますが、1枚当たり50円前後。個人宅への提案はポスティングの方がいいかも。

ポスティング
郵便受けに入っているチラシです。ただ、最近のマンションなどはセキュリティ上、チラシの投函などがNGになっている場合もありますので、思わぬ所からクレームが来るなど、注意が必要です。

呼び込み
人通りの多い場所などでの有効な手法で、スタッフのアイドルタイムを有効活用する目的もあるようです。ただ、私の知っている美容院などは一切呼び込みを行わず、その時間を研修に当てているのだそう。技術系のビジネスではその方がかえってお客様の満足度向上に繋がるのかも。

 

以上です。

実際に行う際には予算、店舗環境などを考慮し有効な手法を探してみて下さい!

ちなみに私が新規で飲食店に入る場合
カフェ:ふらりと飛び込み
居酒屋:食べログなどでチェックして
BAR:Facebook・ブログなどを見て、大丈夫そうか確かめる

既存の場合は
カフェ:特になし
居酒屋:値段(居酒屋は友達数人で行く事が多いので、なるべく安いところを)
BAR:スタッフとの距離感、居心地(お酒はそんなに飲まないけど、スタッフさんと仲良くなっているところは定期的に行ってる。)

といった感じでしょうか。

業種によって、若干違いはあると思いますが、少しでも参考になりますと幸いです。

百貨店の新しいカタチは梅田から!?商業面積1位から考えられる事。

 

さてさて、日曜に友達の結婚式があるので、岡山へ帰る途中に大阪に来ております。

梅田駅周辺がえらい様変わりしたなぁとしみじみ。

まだ見てないけど、阪急のコンコースとかが新しくなってるらしいので後で見に行ってみようと思います。

 

さてさて、今は大阪駅構内に居るのですが、梅田近辺は新しいビルがものすごい沢山出来ていて、驚きました。

※ちなみにですが、百貨店の商業面積は24年秋に梅田が日本一になるらしい。(25万㎡へ)全体の売上は20年度で比較すると新宿5200億/21万㎡、梅田3300億/16万㎡らしいです。スゴイ!

あと、下記は大阪の商業センサス調べの資料。なるほど勉強になる。

数時間後には岡山に行かなあかんけど、上位店・新商業施設は行ってみようと思う。

 

百貨店商業地域が広くなるということはどういうことか?

上記の記事を見ていて、百貨店の売り場面積が増えるということは、1店舗当たりの売上は当然減っていくのではと思います。

人口推移をみると、人口が270万人程度で、ほぼ横ばい。というか1970年台は300万人もいたということを考えると減少していると言えるでしょう。(逆に関東圏は伸びているところが多い印象です。)

既存店舗+新店舗の売り場面積が増えるということは、1店舗当たりの売上は減るということになりますが、私の記憶では、新宿も梅田も百貨店の掛率なんかは余り変わらなかったと思います。

ここで百貨店へ入居するテナントの多様化が図られるのではと思います。同一業種のテナントでは、パイの取り合いなので、

売上が減少する

百貨店は掛率商売が基本なので、百貨店の売上が落ちる

業種の違うテナントなどを導入し、売上の維持を図る

という流れになると思います。近年で言うとユニクロ、H&M、ZARAさんなんかが、百貨店に入っているのを見ると、今後新しい業態、業種の店舗が入っていくのは間違いないと思います。

百貨店は梅田が新しいカタチを提案するのではと思い楽しみにしております。

クリーニング店、月額会員の仕組みで集客と売上UP。

 

先日アポにお伺いさせて頂き、とても勉強になる事をいくつも頂きました。やはり経営者同士、同業であっても横の繋がりはかなりあるんだなと。継続していくことの大切さも勉強になりました。

 

先ほど、アポ前いクリーニング店に行ってきた時に面白い事があったので、シェアします。

ちなみにこちら『ベストクリーニング』さん

https://plus.google.com/114695069222690020924/about?gl=jp&hl=ja

近所にあるクリーニング店、半年位前に出来た所なのですが、年会費を払えば年間会員になり、全サービスが10%OFFになるというもの。

そんなに使うことも無いかなぁと思いながら会員になってみました。で、会員番号をチェックすると300番!!

月額100円払っているユーザーが300人居るわけです。

300人×100円×12ヶ月=360,000円が毎年売上に+オンされるわけです。それだけでも凄い!

 

ちなみにクリーニング業はFCの場合売上からのロイヤリティを支払っている所が多いようで、25〜30%が一般的のよう。1000円の売上があれば、300円位がロイヤリティ。仮に10%OFFで、900円の売上があれば、270円がロイヤリティとなるわけで、100円の月会費はまるまる売上になる。で、実際の数字を見てみるとこんな感じになるわけです。

1000×30%=700円が粗利

900×30%=630円+100円=730円

100円の会員になってもらった方が、30円売上が増えている。

もちろん月に1,000円以上使うお客さんも多いでしょうし、その場合は粗利率は若干下がるかと思います。ただ、利用金額が多くなるので、粗利が増えるという仕組み。ユーザーメリットにもなるという点で、月額会員の仕組みは面白いと思う。

まぁ正直値段だけで比較すると他にも安いところはあるのですが…。店長さんが気さくな方なので使わせていただいております。※結局そういう所が大切なんですよね。。。