価格はサービスに比例するが、顧客満足度は別のところにある?

 

昨日仕事終わり、急に髪を切りに行きたくなって新宿のとあるお店へ行って来ました。初めての店舗だったのですが『ホットペッパーBEAUTY』で予約して(笑)

以前ブログにも書いた事があるのですが、僕は髪を切る時は池袋の美容室って決めているところがあって。もう何年位かな、ずっと通っているんですが、たまに他の店舗も行ってみて、サービスの内容とか雰囲気とかを比較するのが好きなんです。

で、ホットペッパーのクーポン【カット+縮毛矯正5,000円】安っ!と思って早速netから予約。あ、蛇足ですがリクルートって最近ロゴが変わったので、何かなぁと思ってたら分社化してるみたいですね!ホットペッパーとかは『リクルートライフスタイル』という会社になってるみたいです。だからロゴが変わったのかと納得。

これね。

 

で、実際店舗へ行ってみると何だか微妙な空気。まぁ閉店間際だったのもあると思うんですが、元気が無い。と言うか『来店ありがとう御座います!』的な感じが無いんですよ。。。※昨日のサロンさん、これ見てたらごめんなさい。

なんだろう、何か流れ作業みたいな感じで(笑)ん〜。まぁ安いから仕方ないか。と思ってしまったんですが、多分2回目は無いです。安かろう悪かろうというわけではなく、カットの技術とかも良かったし。というか池袋の店舗より良かった(※語弊が無いように言うと、池袋の担当は最近やっとスタイリストになった男の子)

安いクーポンで来てるから、そんな感じなのか、僕が取っ付きにくい感じなのか。まぁなんだ、良い勉強になりました。『他山の石以て玉を攻むべし』という言葉がありますが、こういう経験を自分に活かすように考えている。

 

安かろう悪かろうでは、お客さんはリピートしない。安くても再度行ってみたい、友達に教えてあげたい。価格に応じて内容は変わってしかるべきだと思うが、サービスってなんだ?まぁ結局は人なんだろうと思いますが。

家の近所には結構ご飯を食べるところが沢山あって。昼時なんかはサラリーマンの人で一杯!同じ中華でもランチ680円の中華と1200円の中華だとやっぱ接客も違うし、客層も明らかに違う。680円の方はサラリーマンばかりだけど、1000円の方はお年を召した女性の方が多い。1000円の方は禁煙なので、客層も違うのかもしれないけど、落ち着いて食べれるし、何より『米』が上手い(笑)

人によってどこを見るのか、ポイントが違うんでしょうけど。※ちなみに私の母は飲食店に行くと、必ず『トイレ』がキレイかどうかを見るらしい。。。私は断然『米』だ。おかずが多少ヘンでも、米が上手ければ美味しいとおもってしまう(笑)

 

ちょっと蛇行してしまいましたが、何が言いたいかというと、サービスって払った金額に見合うものであるべきだと思うということ。いわゆるマーケティングってやつで、自社の狙うべきターゲットがどんな人達なのか?その点をしっかりと考える事と共に、サービスのプライシングを行う必要があるということ。例えば、先述の美容室にとって、多少のお金を払ってでも満足して帰りたいと思っている僕はターゲットではないということ。ただ、そのお店にとってのマジョリティを取っていくことが大切で、稀有な顧客事例に注目してしまい、本来のお客様を見失わないように注意する必要がある。

まぁそのためにも『顧客情報』というのが大切で、年齢、性別、住所、職業などをセグメントして自社のメインターゲットというのをしっかりと把握する必要がるのですが、出来てないところが非常に多いのも現状。

『小』ではなく『大』を見ていく事が大切という感じですね。

ただ、その『大』マジョリティの動向は注意しておかないと、市場の変化で一気にダメージを食らう事もあるので。。。

 

 

あ、何か書きたいことを書いてたら本筋とずれているのですが、要は

『価格はサービスに比例するが、顧客満足度は別のところにある?』って感じですかね。

業務委託契約という名の労働マルチ。

ちょっと色々考えてしまった件。先日のことです。

確かその日はかなり寒くて、雨も降っていたと思うのですが余り家から出たくないなぁという感じの日でした。ちょうどパソコンをカタカタやっていた時にチャイムがなって、誰かな?と思ってドアまで行き「はい」と返事をすると『八百屋です!』という声が。。。八百屋が何故!?という感じではあったのですが、取り合いずドアを開けてみると、女性がダンボールを抱えて立っている。。。何かよく分からんが、この寒いのに、雨も降っているのに、カッパ着て。何と言えば良いのかよく分からないのですが、必死に商品(くだもの)の説明をしてくれる。余り聞いた事の無い果物を紹介され、ダンボールの中も残りが少なそうだったので全部買いました。みかん?オレンジみたいなの6個ときんかん1袋、合計2,000円。。。

正直、今思えば少し高いのかなぁと思います。というのは実際に食べた商品があまり美味しくなかったから。果物屋の友達もいるし、高級フルーツは本当に美味しいというのは分かるし、値段が高いのも納得出来るんですが…。(岡山のぶどうなんかは高いと1房7,000円位するし)まぁあの営業力に負けたという感じでしょうか。次来られたらどうかなぁというふうに思ってしまいます。

 

で、この販売している会社の事が色々気になったので、ネットで調べてみるとまぁ情報が出てくる。社名などは控えさせて頂きますが、労働マルチってことを言われているみたい。

知らない事が多いなぁと思いながら見ていると、こんな方法らしい。

・求人を出すときには「正社員」「アルバイト」などの内容で表示させ、月給50万以上可、海外研修有りなどの情報が載っているが、実際に面接をしてみると「業務委託契約」になるらしい。業務委託契約自体はよくある話なのだが、成果報酬という所にミソがある。固定+成果報酬ではなく成果報酬のみなのだ。

しかもその成果報酬というのが、販売額の20〜30%らしく。いくら頑張って売ってきてもそもそも給料に反映されにくい。※しかも残ったフルーツは買取をしないといけないとか。。。役職者は確かに海外研修などに行っているらしく、役職者に憧れ、頑張って働くらしい。正直経営としては上手いなと思うのですが、働いている側からするとどうなんやろう。

きちんと断ってあげることが、ゆくゆくはその人にとってもいいのかなぁと思いました。

顧客目線の営業とは

 

実は今色々と進めていることがありまして、他社の営業マンにお世話になっていたりするんですが、
ちょっとという感じだったので、自戒の念を込めて。

営業にとって大事なことは?
これは大前提として数字を取ってくることですが、僕は営業マン時代はとても苦手でした。
どうしてもお客さんの満足度とか、効果改善に力をいれるばかりに、全く売れないということも多々。
当時の会社には多大な迷惑をかけてしまっていたと思います。

ただ、数字を取りに行くということのプロセスとして『流れ』というのはあると思います。
既存顧客であれば、お互い勝手が分かっていると思うので、営業もやりやすいかもしれませんが、
新規の場合は営業相手がどのような商品、購入までの流れなどを理解していない事も多々あると思います。

なので、こういった痒い所に気がついてくれる営業マンというのは非常にありがたい!
例えば住宅の保険、保険のプランを決めるときに金額だけでは決められないですよね。
費用があって、保証内容があって、期間があって。それを電話で金額だけ伝えられても判断出来ない。

恐らくこういう営業マンは自分が営業を受けたことがあまりないのかな?
そういうことが重なると信頼感がなくなるし、連絡するのも嫌になる。

というか書いてて思ったけど、普通の営業なら普通にやっていることか!?

因みに私、もう5年位通っている美容室が池袋にあるのですが、
1年ほど前にオーナーからスタッフに担当替えをしました。
ずっとアシスタントをやってくれていた男の子で、売上をつけてあげたいからという理由ですが。
正直、技術はまだまだです。
良くない所もめっちゃ言います。
例えば、冬場のシャンプーは洗う前に必ず自分の手をお湯で暖めてから頭を触れ、とか細かいですが、
言いやすい人、言いにくい人いると思いますが、言われる内が華だと思って改善してくれているので、徐々にお客さんも増えていっているよう。

相手の気持ちになって、考えられる人になろう。

2013年初ブログ

久しぶりのブログ更新です。
現在、初の決算作業中で、バタバタしているので更新が出来ていませんでした。

まぁ、中々簡単には行かないものですなぁと思いながら、2期目に突入したわけですが、まずは今年の目標として

年商4,000万円!を2013年目標にしていきたいと思います。営利は最低でも30%位までもっていきたい!

まぁ規模が大きくないので、こんな感じで今年はちょっと仕掛けて行きたいですね。ちょっとずつちょっとずつ座布団を高くして行きたいと思います。

 

弊社としては今年を勝負の年として頑張っていきます!
短い更新ですが、以上!

ペイパルのサポートがなかなか驚くレベルの件。

悪口ではないので、是非ペイパルの方には読んでいただきたい。

 

というのも、ペイパルのサポートセンターがなかなかヒドイというか、何というか。。。

仕事上ペイパルを使う必要があって、以前から登録はしていたアカウント。今の状態だとクライアントからの入金が出来ないということで、アカウントの認証が必要ということで、本人確認書類を再送してとか、色々やっていたのですが、下記内容のメールが来ました。

なるほど、登録した情報がローマ字なので、再度電話確認が必要とのこと。

メール自体はものすごく親切ですし、アクションがある度にメールが来るので、今の状況が分かりやすいです!

で、早速電話。土日は営業していないということだったので、月曜に電話しました。

 

自分の症状などをプッシュダイヤルでダイヤルして、かなり分かりやすいのですが、電話対応してくれた人がちょっと、、、

出てきたのは、ハキハキした感じの女性が対応してくれたのですが、若干日本語の使い方がおかしい!?ということに気づいて。

まぁそれはそれでいいのですが、日本語の微妙な言い回しが伝わらない事にかなりイライラしてしまいました。

結局電話認証してもらうまでに10分(もっと短かったかも)くらいかかってしまうという、、、

電話は03になっているですが、恐らく海外に転送されているのでしょう。

コスト削減の為なんでしょうが、さすがにサポートは日本の方にやっていただいたほうがいいと思います。

コスト面だけでなく、ロイヤリティが高いと感じますし、何より、話が通じないので、電話している時間が長い…。

問合せには、個別の番号が記載してあるので、こちらのアカウントの状態は分かっているはずなのに。

正直驚いてしまったので、ブログに書かせて頂きました。

システムの部分などは別に海外でも構わないのですが、人と接する部分は日本人に行なっていただきたいなぁと思いました。。。せっかく良いサービスなので是非改善をお願いします!

 

 

※追記12月21日

ユーザーの方からご指摘頂きまして、ペイパルのコールセンターは『上海』と『大連』にあるみたいです。この方はどこにあるのか問い合わせたらしい(笑)日本語の微妙なニュアンスが分かるサポートになるといいなぁ。

オウチーノの広告に笑ってしまった。

 

 

すみません、先日電車に乗ってて面白かったので写真撮っちゃいました(完全に不審者)※キャリルーノ様失礼します。

『運気を上げる!ラッキー賃貸探すなら』

なるほど、ラッキー方位でもお部屋探しが出来るらしい。ちょっと次引っ越す際は使ってみようかなと思ったのですが、右下の編をよーく見てみると…。

『家を探す、をギャンブルにしない』とのこと。

ネタかなぁ、ネタなのかなぁと思いニヤニヤしながら写真撮っちゃいました。なんか方位とかってギャンブル?のような気もしないことも無いですが…(笑)

 

文言って重要だなぁ。

ビジネスって座布団を積み上げる笑点に似てる。

 

※山田さん画像失礼します!

 

 

お久しぶりのブログ更新でございます。

最近は通販サイトの運用とクライアントの集客・営業代行。家事代行サイトの営業と忙しくしております。

常に『座布団を積み上げる』ということを意識して仕事をしているつもりですが、まだまだだなと思う所もあり、悪戦苦闘しております。

 

特にスタートアップの会社だと、収益化を図るのにどうしても時間がかかってしまったり、集客に費用がかかったりと中々思うように行かない事も多いです。

起業後1年目で50%が廃業し、翌年にはその25%が廃業する。3年目に残っているのは10%というのも感覚的には分かる気がします。

弊社はまだ設立して半年ですが、座布団を積み上げる時期なんだと思っています。

 

実は先日ベンチャーキャピタルからお話を頂いたのですが、丁重にお断りしました。というか、資金だけがあっても結果を早く求められるのであれば弊社の考え方とは違うと感じたことと、ゆっくりと事業を育てていきたいと思ったからです。

 

 

方向性として、『ワンタイムではなく継続性のあるビジネスモデルを作る』そしてそのモデルから派生する商材を開拓する。そうやって座布団を積み上げていきたいと思います。

しっかりと足元を固める。

それから次の事業に投資するという良い循環を築いて行きたいと思います。

 

 

フラックス世代と上善水如的な生き方

 

 

『フラックス世代』

聞いたこと無い単語だったのですが、今月号の『COURRiER Japon』に掲載されている內容で、ちょうど今の若い世代や、周りに多く見られるものだったので、気になりました。
フラックス世代

 フラックス世代とは

フラックスとはfluxのことで「流動,流れ,溶剤,溶ける」だ.世代といっても年齢は関係なく,この不確実な時代を受け入れ,常識に因われることなく,流動的に溶けこみ楽しむ人々のこと.

※『沖勝の日記』より引用させて頂きました。

http://blog.livedoor.jp/nkatsu0520-nikki/tag/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E4%B8%96%E4%BB%A3

 

僕の頭の中に浮かんだキーワードは『上善水如』(お酒じゃありません!)

人にとって最も良い生き方は水のように姿形を変えながら生きていく事という意味の言葉です。

特に流れの早い業界に身を置いていると、いつ・どんなことが降り掛かってくるか分からないですが、そんな困難も楽しんで受け入れるということができる人。

 

一方では『何でも出来る人』また一方では『忍耐強くない人』など色んな考え方ができるでしょうが、人生一度きりですので、やりたいことを楽しんでやる。という人が僕の周りにも増えてきていると感じます。

 

こんな人達が居る

僕の周りで『フラックス世代』だなぁと思うのはこんな人達でしょうか?

 

■石津大輔(針江のんきぃふぁーむ代表)

http://nonkifarm.com/
針江のんきーふぁーむ
滋賀県針江で農業を営む先輩。

もともとアパレル専門学校時代の先輩で、船場で古着屋などをやっていたが、現在は農家の経営者として、海外などへの販路拡大を図っている方。

僕がもっとも尊敬する先輩でもあり、なんといっても学生時代から自分で店舗を構えて古着屋をやっていたバイタリティ、人格がとても素晴らしい方です。

 

■片倉ひろき(和気町議員)

http://wake-katakurahiroki-wakeaiai.jimdo.com/

彼は僕の弟の同級生なのですが、若干25歳にして当時全国最年少の議員になった方です。

議員になる前には1人でインドに行き8日間の断食をしたり、また自分で会社の経営などを行なっているという。。。(町議会は副業OKらしい。)

どちらにしても、フラックス世代というにふさわしいと思います。

 

異業種での経験は役に立つ

同業・異業、どちらでもそうですが、『経験』は役に立ちます。

特に異業種だったとしても小さな会社などに属している場合、人材が少ないことが多々ですので、一人で様々な事を知っている。人脈がある(ビジネスになる人脈)などは非常に役立ちます。

僕の場合は、ファッション、システム、マーケティング畑にいたので、例えば、ファッション系の繋がりにシステム導入の相談があったり、マーケティングが分かるから、ファッションの通販につながったりというような事があります。

もちろん、初めての事ばかりなので、全てが上手く行くわけではありませんが…。

6月も、もう後半。しっかりやっていきます!

 

起業って…アイデアがあっても失敗するときゃする。

 

さて、会社たちあげて約2ヶ月が経過しようとしている。

 

昨日は久しぶりの友人と飲みに行っていたのですが、思う所があったので、このエントリーを。

友人は元経営者。今は別の会社で働いているということで、事業を行う事の難しさやポイント等色々と話をすることができた。

 

 

起業ってくそ大変

正直今までの中で感じた事といえば、『難しい』、『大変』、『めんどくさい』といったネガティブな事ばかり。先日『プロフェッショナル仕事の流儀』に出ておられた天ぷら職人・早乙女哲哉 さんの言葉を借りれば『好きな事、仕事。嫌いなこと、仕事』とった感じ。

 

元々『社長になりたい』という思いはあったけど、漠然としていたし、起業するのもタイミングが良かったというか、色んな事が重なっての起業だったと思う。ほどほどの生活が出来れば良いと思うし、無理するつもりもない。でもその過程で様々なものを得ることが出来ていると思うし、普通に会社員してたら出来ない経験をした。

 

 

昔から本が好きで、社会人になったばかりの頃は、ドラッカーばかりを読んでいた。良かった点もあると思うけど、結局頭でっかちで口ばかり。実力が伴っていないダメ人間。でも起業はしたいという良く分からん感じ。

人に恵まれた。

ただ、そんな感じだと思う。

 

結論から言えば、これからも頑張る!ってことなんやけど、こんなネガティブなブログ、変な所で感化してほしくはないが、起業にあたって気をつけるべき点とか、少しでも参考になればと思う。

 

お金は想定よりも必要!

ホントに会社に属していると考えた事もないけど、何かやることに対しては必ず費用が必要で、しかも効果があるのは数ヶ月後とか。

試算はホントに厳しすぎる位やったほうが良い。

予定してなかった出費も必要になってくるし、思うような売上が上がらないことなんて多々ある。かといって簡単に融資してもらえるわけではないし、『融資=借入金』なんだということは色んなプレッシャーも出てくる。

売上が上がっている状況であれば精神的にも楽になるけど、そういう状況でない場合は、どんどん追い込まれていく。

ただ、適度なプレッシャーはあったほうがいいと思うが、お金はあるに越したことはない。自己資金はある程度持っておいた方が良いと思う。

 

メンバーは必要か?

色んな人のブログ等を見ていると、友人と事業をはじめる事は失敗している例が多いなと思うことがあります。

■今までの友人関係が上下関係になる

会社が上手くまわればいいですが、そうでない場合友人関係も失ってしまう可能性がある。

 

経費はなるべく掛けない

人件費・事務所費・広告費・通信費・雑費。

今まで気にしたことも無いような小さな事。例えばコピー1つにしても費用がかかるし、会社員時代なんて考えたこともなかったような、費用1つ1つが必要ということ。いかにスモールに始めるか。

ただ、スモールにとは言え『時間のコスト』意識は非常に重要だと思います。時間のコストって、いわゆる人件費とか機会ロスとか、判断に時間をかけるとそれだけロスが発生する。良くあるのが、『検討中』で止まっちゃうパターン。これは一番良くない。『やる、やらない』の2つしかないのだから、時間にコストがかかっていると言う認識を持つ。

 

人脈はホント大切

僕は長いものには巻かれろという感じですが、以前からいろんな所に顔は出すようにしていました。そのおかげで今仕事でつながっている方もいらっしゃるし、チャンスを頂いていると思っています。

新規にアカウントを広げようと思うと、それだけ時間・コストも掛かります。

まぁこうやってブログを書いているのも、インバウンドがあればいいなぁと思ってやっているのですが(笑)

よく聞くのは、最初は良かったけど…これは、友達だと思って発注したけど思ったより効果・成果が出せなかったということだと思う。『タダの仕事は価値がない。』友達だからいいでしょ?とかいい加減な仕事はしないで、継続してお取引していただける為にはしっかりとご満足頂くこと。

 

 

というのが僕が思っている事とかですね。

さ、今日も一日頑張ろうっと!

継続のある取引が、安定経営に繋がり、新たな投資が出来る。

 

 

ご無沙汰ぶりのブログです。

 

 

 

というのも少し迷走しておりましてwww

オフィシャルもプライベートもwww

 

 

創業して口座残高がみるみる溶けていくのを見ていると、正直夜も余り眠れない程のプレッシャーというものを感じております。

しかし、色々と考える事が出てくる時にパートナーがいるということは非常に心強いなぁと感じております。

 

 

サラリーマン時代には感じた事もなかった経験と、悩み。いい面、悪い面含めて今は楽しんでやっていこうという感じですね。

 

直近では、新たな仕事を頂いたりこれから売上が立ってくる案件というものも

多くお話を頂くことが出来ており、しっかりやっていかなあかんなぁと思っております。

 

 

以前お話をお伺いしたある商品の買取を行なっている会社でも、

初めは全く取引先もなく、買取ビジネスの資金を回転させるということに

四苦八苦されていたということをお伺いしましたが、今では同業からも在庫の確認があるほどで、業界でも頼りにされている事などお話を頂いた事が有りました。

その時にやはり、継続してきちんと業務を行なっていくことで、

 

『継続のある取引が、安定経営に繋がり、新たな投資が出来る。』

このサイクルを実現されているんだなぁと感じました。

 

 

 

ちょっと今日は愚痴っぽいブログですが、ご勘弁をwww