【完プラ】初めての競馬、パートナーの家族と夕食

 

 

 

完全プライベートな日記です。。。

※写真は娘さんからのお手紙♡

 

 

■初の競馬へ

 

昨日の日曜日、初めて競馬というものに行って来ました。

伊勢佐木町にある『エクセル伊勢佐木』へ

ここ、入場料が1,000円なのですが、ゆったりと観戦することが出来てとても面白い。

 

入り口で座席を買って、いざ勝負なのですが、まぁ中々うまいこと行かないものです。

ポイントは、午前中に行われる『未勝利戦』や『500万以下』などのレース。

何故かと言うと馬の状態がオッズと比例していないことが多く、また番狂わせもあるので、当てやすく多くのリターンがある場合が多い為。

 

まぁ総額で3万位負けてしまいましたが(笑)今度は秋のG1シーズンに再挑戦したいと思います。

 

■パートナーの自宅で食事を

 

その後パートナーの自宅へお伺いして、お食事を頂きました。

もうね、なんて言うか良い家族なんです(羨)

奥さんの料理は上手いし、お酒も美味しいし、何より子供たちがみんないい子。

 

何か、守るべきものがあると強くなるというのが良く分かりました。

と同時に僕も頑張って、この子達の笑顔をもっと見たいと思いました。

 

結局夜には帰る予定だったのに、飲み過ぎてお泊りまでしてしまったり(笑)

本当に申し訳ございませんでした、、、

 

 

■家族と自分と仕事とは

 

いくら仕事ができても家族と共に過ごす時間というのは大切にしたい。

早く帰りたいと思える家庭を持つことは、仕事のメリハリを付ける上でも大切。

と同時に自分の生活だけでなく、自分の仕事、会社が他の人の生活にも関係してくる。

当たり前の事なんですが、頭で認識することと実感することはやはり違うなぁと。

 

もちろん家族の前に会社をしっかり続けていくということが大切ですが。

 

『自分の為より人の為』

そんな思いで仕事をしていきたいと思います。

Macでフリー画像編集ソフトなら『SUMO』『pixlr』かな

 

先日、あるクライアントから画像編集の相談を頂いたので、色々調べてみた。

※僕は専門ではない素人ですが、Photoshopは触ったことがある程度。

 

 

■『SUMO』はPhotoshopとほぼ同じ

 

で、色んな画像編集を触ってみたのだけど、おすすめなのが2つ

『SUMO』と『pixlr』というサイトにたどり着きました。

まず、『SUMO』に関しては、ほぼPhotoshopだと思っていいです。

サイトにアクセスするとこんな感じ

http://www.sumopaint.com/start/

 

有料版と無料版があるのですが、まずは無料で使ってみる。

WEBブラウザ上で動かすことができるので、非常に軽い+たまーにフリーズします(笑)

あと、画像とかを取り込むのもPCからだけでなくWEBから直接取り込む事もできます。

試しに弊社で運営している『iPhone修理部品店ーiPhoneセルフリペア』のTOP画像を持ってきてみる。

 

多分これを見た人は気づいたと思うのですが、ほぼPhotoshopと同じ事が出来ます。

レイヤー分けとかもできるので、非常に使いやすい!

一応アップグレード版が19€ということです。

 

 

■『pixlr』は遊び感覚で画像編集ができる

 

『pixlr』に関していえば、面白いって印象です。

サイトにアクセスするとこんな感じ

http://pixlr.com/

 

ここで、Try Pixlr Express.と書いてあるので、

ヘッダーにある『Pixlr Express』をクリックすると

こんな画面が出てくるので、あとは画像を取り込むだけ。

 

 

画像の編集もお遊び感覚で出来ます。

※テキストに日本語が使えないのがイタイですが。

 

Photoshopを使ったことが全くない人でも、簡単にエフェクトを掛けられます。

 

 

そんなに本気でやってるんじゃないけど、たまに必要!という僕みたいな人にはおすすめのサイトだとおもいます。

『ウィルゲート 逆境から生まれたチーム』を読んで

 

一言でいうと面白かったです!

※2時間位で一気に読めました。

 

小島社長のリアルな声。の感じが伝わってきて、非常に面白かった。

今25歳と非常に若いながら、年商10億円の会社を引っ張っている。しかも出身地が同じ岡山県と言うことで、応援したくなります!

 

■とても参考となる內容

 

会社の黎明期から現在まで、苦労されて拡大してきたこと。

メンバーとのコミュニケーションの重要性。

他社との合併話で大変な目にあったこと。

黒字事業と赤字事業の見極め。

人との出会い。

 

若い会社にとっては、全てが参考になる內容だと思います。

特に事業拡大のためには人が必要ですが、その人が新たな火種になったり。物事は簡単に上手くいかないということを考えさせられます。

 

■気をつけたいこと

 

・メンバーを採用する際に何を見るか?

・メンバーに何を求めるか?その報酬は?

・新規事業の見極め

・人を信用しすぎない

・外部資本を入れるということ

 

 

中でもやはり『人はコストであると同時に、リソースである』ってことを意識付けられたなぁ。

 

今度実家に帰るときに弟に是非読ませたいと思います。

無料の音楽クラウド『spotify』ークラブ系DJでも使えないか考えてみた。

 

■増えてきた音楽クラウド

 

皆さん音楽好きですかぁ?

昨日テレビを見ていて、面白そうなサービスが展開されつつあるので、ちょっと調べてみました!

余り馴染みが無いかもしれませんが、Googleのブラウザ『Chrome』を使っているとこんなページにたどりつきます。

https://chrome.google.com/webstore/category/app/81-music-and-radio

※Chrome Web STORE

 

で、昨日面白そうだなぁと思ったのが、これ『spotify』

http://www.spotify.com/int/

Facebookの上場で、今世間は賑わっていますが1999年頃にアメリカで始まったサービス『Napster』と同じようなサービスなのに、違法アップロードではなく、正規にレコード会社と契約して音楽を無料で提供しているというもの。

サイトの主な収入源は、曲と曲の間に流れる広告らしいです。

まだ日本では使えませんが、一応会員登録しておきました。

 

まずはサイトにアクセス

http://www.spotify.com/int/

日本からアクセスしている場合、サイト上部にこんな表示が

ここに自分のメールアドレスを入力するだけ。

あとは日本で使えるようになれば勝手に連絡が来るというもの。

 

■なんでクラブDJ?

 

クラブDJがよく使うサイトで

『ワサビート』https://www.wasabeat.jp/とか

『ビートポート』http://www.beatport.com/ってのがあるんですが、基本課金です。

 

ちなみにクラブ系の楽曲って結構売れないのね。

iTuneって親和性高そうなんだけど、以前聞いた話では◯◯系の日別ランキングに入るには200曲位ダウンロードされればランクイン出来るそうな。

じゃぁやっぱりメインの収入源ってライブとかだったりするのかなぁって考えるんよね。

上記サイトはダウンロードするのに課金しているんやけど、フリーにしてくれたら

もっとクラブ系音楽の裾野が広がって、クラブに対する理解とかも進むんやないかなぁ。

※あ、この辺グレーだから言及避けますwww

 

■個人、インディーズの方が制作した楽曲

■ダウンロードフリー(ただし音質劣化版、高音質は有料とか)

■ダウンロードするのに広告などで課金

■広告料をアーティストへ還元

 

共有サービスなんて仕組みは簡単やろうから、誰かこんなの作らんかなぁ、絶対使うわぁ。

 

 

客が集まる理由ー『焼き鳥屋のエンゲージメント』

 

『超ローカルスーパー』

 

先日の『ガイアの夜明け』を見ていて、共感出来る部分がありました。

 

地方にある中小のスーパーがお客さん一人ひとりの名前と顔を覚えていて、接客の際に声掛けを行っているというもの。

※超ローカルスーパーという看板。攻めてますねぇwww

 

この店舗は1店舗のみの営業で、他社大型スーパーに比べると、価格競争など厳しい事が伺えます。

その中で、どうするかを考えた時に『エンゲージメント』の必要性を考えられたのだと思います。

 

エンゲージメントとは

 

最近ネット系の会社で良く使われる事ですが、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日では、多くの欧米企業が「従業員エンゲージメント」や「顧客エンゲージメント」の向上を最優先課題のひとつとして挙げている。「エンゲージメント(Engagement)」とは、平たく表現すれば「会社に対する愛着心」といえる。従来の考え方と一線を画しているのは、「満足度」ではなく「愛着心」に着目している点だ。自発的に行動し、仕事に熱中する社員、仲間を信頼し合い、組織の成功のために一丸となるチーム、そして高い業績。これは、誰もが夢見る理想の組織であろう。このような職場の尺度となるのが「エンゲージメント」レベルであり、最近、組織開発の分野で最も注目されている考え方なのである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

組織開発ハンドブックより

 

という考え方で、従業員だけでなく、顧客にも当てはめて考えることの出来るものです。

小さなスーパーとして生き残っていく為に、顧客満足をあげようとした努力だと思います。

 

なぜ焼き鳥屋でエンゲージメント

 

僕と会社のパートナーが良く行く焼き鳥屋がここ。

やきとり『まいど』

外観が渋すぎるんですがwww

 

このお店、予約することができません。

というか当日予約しか受けてなくて、17時以降でないと予約出来ない。。。

店内はいつも満席で、会食の時は早めに仕事切り上げて飲みに行きます。

 

このお店、焼き鳥が美味しい事もあるのですが、大将が来ているお客さんの名前を全員覚えているのです!

注文を頼んだ時は『◯◯さん何なに追加頂きました〜!』と。

居酒屋で『◯卓様ご注文頂きました!』というのとは違って、客としてはやはり気持ちいいものです。

 

名前を呼ぶ。たったこれだけの事でも、ブログに書いちゃう私。

エンゲージメントされております(笑)