楽天に出店するべきかー最安値チェッカー!?

 

 

 

通販モールって使ってますか?

楽天とかAmazonとかカカクコムとか…色々ありますね〜!

出来れば安く購入したい!ですよね。

 

 

■最安値で買いたい!

 

そりゃ同じ商品だったら、1円でも安く買いたいです。

ってことで何かネタが無いか探していた所、こんなツールがあるようです。

最安値チェッカー

 

FirefoxとGoogleChromeのアドオンにて使うことができるようで、

早速ダウンロードしてみました!

 

価格comだと上手く動かなかったのですが、楽天・Amazonで上手く動いています。

これで、複数の通販モールをチェックしなくても最安値で買うことができます!

※ダウンロード数が1,000前後と、余りありませんでしたので、使っている人は少なそうですが…。

 

 

■そもそも通販サイトで勝つ方法って?

 

通販サイトって数多くのモールやショッピングカートがありますが、特にモールに関しては出店傾向があります。

ざっくりですがこんな感じでしょうか?※間違えてたらスミマセン。

商品点数 得意ジャンル 費用
楽天 多い アパレル・食品 月額固定+手数料
Amazon 少ない 家電・デジタル系 手数料のみ
自社サイト どちらでも 検索結果による カート利用料+手数料

自社サイトの得意ジャンル、『検索結果による』というのはまた別の機会にご説明します。

 

まずは商品点数が少ないのであればAmazonを。

ただ、手数料は結構とられるので、(売上の8〜15%+αかな)注意が必要です。

 

で、通販サイトで勝つ方法としては下記が考えられます。

 

■他社と同一商品を扱う場合、圧倒的に仕入れが安く出来る

■在庫を持たない

■商品に独自性がある(メーカーであること)

■総輸入代理店である。

 

上の4つに関しては、また別の機会にお話します。(netだけでなく、リアルミックスで勝つ可能性を高くする事が可能です。)

 

■で、楽天に出店するべきなの?

 

これ、結論から言うと商材によるという回答になりますね。

・商品ジャンル

・同ジャンルの競合出店、価格状況

・ターゲットキーワードの検索結果

 

あと、最初に紹介したアドオンのようなものがあるので、家電やデジタル製品などは、楽天の固定費を払うよりAmazonなどに出店したほうが良いパターンがあります。

 

 

知り合いの韓流グッズを扱う店舗などは、1日数百万楽天で売り上げたりするようですし、通販モールのユーザー層なども考慮する必要があります。

って1ヶ月で売上数億、原価率はwww

『韓流』、つくづく凄いマーケットです。