WEBコンサルティングの本質とは?

 

WEBコンサルティングって私も会社のtitleタグに入れてSEO対策を行なっています。が、実際のWEBコンサルティングというのは何なのでしょうか?会社によっても提供しているサービスが違うし、『SEOです!』と言い切る会社もある。確かにSEOで順位が上がればアクセスが伸びるので、分かりやすい。が、サイトの目的は何なのか?恐らく多くの会社では、『集客』と考えると思います。じゃあその集客したお客さんは本当にお金を落としてくれるお客さんなのか?

問題は『お金を落としてくれる』という点であって、『集客』ではない。ただ、集客出来なければマネタイズ出来ないので、ある意味矛盾している。

 

最近はWEB制作ではなく、WEB運用会社にニーズが変化してきているんだと思う。では、サイトの目的は何なのか?

A、安くて見栄えは悪いが、集客が出来るサイト
B、高額の費用を使い、とても良いサイトが出来たが、集客はあまり出来ないサイト

Bであり、Aのサイトが最も良いのだと思うけど、マネタイズ出来なければ意味が無い。そもそも、集客出来るか分からないサイトに高額の費用を掛ける意味があるのか?

 

サイトを見に来るユーザーは何を求めているのか?

業種によってお客様の来店動機も違うと思うし、一概には言えないけど、やはり日々のブログ更新などはかなり重要なんだと思う。

それはSEOという点もあるだろうけど、アクセスしてきたユーザーの不安感を拭ってあげる事も出来るし。会社・店舗がキチンと運営されている。ということの証になるからだ。

初回アクセスのユーザーというのはそれだけ不安が大きいということを認識する必要がある。

 

逆に制作会社の立場になって考えると、会社を経営している方が求めているのは『制作会社』ではなく『運営会社』なんだと思う。作るだけなら、個人レベルでも時間をかければ作れる。けど集客となるとまた別で、様々な手法やSEO、本質的にはユーザーの気持ちを理解出来る。ということが非常に重要だと思う。

この商材だとユーザーは◯◯のように考えるだろうから、◯◯の媒体を使った方が良いとか、集客手法も一概には言えない。だけど、制作会社だとそのユーザーの気持ちが分からない+集客をした実績が無い。ということが多々ある。

サイトの制作会社はビジネスモデルの理解をもっともっと進めないと、厳しい状況になってきているんだ。

 

そして、ユーザーの気持ちが理解出来れば、サイトだけでなく事業全体に関しても変えなければいけない部分も出てくるし、そういったことをトータルでアドバイスしてくれる人というのが、WEBコンサルタントなんだと思う。

何かこう取り留めの無い文章だけど、取り合いず書きたくなったので。

スモールワードSEOはWordPressのブログがおすすめ。

 

事例の紹介ですが、現在集客代行させていただいている『靴修理・靴クリーニング』のサイトについて振り返り。

 

対象としているマーケットの検索エンジン対策が弱い場合は、結構簡単に集客が出来る事が分かって来ました。

取り合いずやった事としては、
1,SEO対策
2,ブログ更新
3,PressRelease配信
4,ブログサイドバーへの地域名の挿入
これだけで、全くゼロだったnetの売上が、月数万円から十数万円程度まで伸びそうです。

しかも初めて1ヶ月間でこの数字、クライアントも喜んでくれてるといいな。

で、ブログに関しては週1回は必ず更新を行う事にしているので、
365/7=50くらい?
単純に1年でページ数がそれくらい増えるので、今後がかなり楽しみ。今はまだ10記事程度なので…

これは訪問開始ページのデータ、(閲覧開始ページ)検索エンジン上からユーザーがアクセスした数字ですね。

※細かい数字は勘弁して下さい(笑)


※こっちは週別の検索エンジン流入数(12月頭にリスティングやってましたので、少し増えていましたが、最近はSEOのみです)

 

見ていると、TOPページではなく下層ページからの流入がかなり増えてきている。
TOPページのSEOキーワードは上がっているものの、限界が見えているのでこれ以上は期待が出来ない。
であれば、別ページから集客をおこなう事に注力していこうというのが、クライアントとの共通認識。
パレートの法則じゃないけど、TOPページ20%、下層ページ80%。2:8位の比率くらいまでは持って行きたい。
今ブログが大体15ページ位だから、40ページ位まで持っていければそれくらいの比率になるかな?

しかしやってみると、スモールワードSEOはホント面白い。
どんなキーワードで流入してきたユーザーの回遊率が良いのかを見て、更新するページ内容を決めていくことが出来るし、その点WordPressは便利だなと思う。
今の時期はムートンブーツなどのクリーニングの依頼が多いが、夏になると全く無くなると思うので、春頃から修理系のキーワードにシフトする予定。

まぁ大きくは稼げないかもだけど、継続して成約が上がってくる仕組みというのは大切だ。
『座布団経営』少しずつ高く出来るように。

過剰SEOでTDP(トップページダウンペナルティ)原因と解決方法→2位まで上がりました(笑)

 

頭抱えたくなっちゃいます。。。

 

 

今更SEOですかという感じもありますが、良くSEOの営業会社から電話がかかってくるような外部被リンクの話ではなくて、内部SEOの話です。

弊社では、いくつかサイトを運営しているのですが、靴のクリーニングを格安で提供する『靴クリーニング.net』というサイトがどうも引っかかっているっぽい。(どうも)というのは、他にも考えられる要因に若干心当たりがあるのですが…(笑)

 

まずは経緯から

2012年11月28日ごろ:「靴クリーニング」というワードで、1ページ目の8番目位にいたのですが、突然の順位下落

他のキーワード(ロングテールを狙った下層ページ)などは、通常どおり表示されている状況。

ウェブマスターツールなどで確認しても、過剰にリンクがついている気配は無し。Googleからのメッセージも無し。
※ウェブマスターツールはタイムラグがあるので、再度調べる必要有り。

 

考えられる点としては、下記2点

1,元々使っているサーバーが海外の格安サーバー(転送量制限がめっちゃ少ない。。。)所で、編集中にいきなり表示されなくなったりということが数回あった。検索エンジン巡回のタイミングで、サーバーエラーがあった?

2、内部の過剰SEO。11月26日頃にサイトtitleタグを修正し、メインワードを2回表示に変更。

 

個人的には、2の『内部の過剰SEO』だと思っています。理由としては

・現在TOPページのみが8位→130位と下落している。
・下層ページは検索結果が、以前のtitleのままで表示されている。
・TOPページに表示されている他サイトは、キーワードが1回表示

という所で、一旦修正を図って状況を見ることにしています。

 

このブログはまた回復したら追記しますので、、、追記がなかったら上手く行ってないということです(笑)

 

取り合いず行ったこと

12月1日
サイトのtitleタグ修正、メインワードを2回→1回へ
サイトマップの再送信

さーてどうなることやら。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月7日現在

特に変化無しでございます。

・先日アクセスしようとしたところ、サイトが表示されなかったので、サーバーが落ちている様子。ということで、サーバー移転を実施。

・TOPページの内容が下層ページの料金表と同一だったため、削除。

・投稿のカテゴリーがいくつも被っているものがあったので、カテゴリー分けを1つずつに変更。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月9日現在

順位回復してきました。

現在『靴クリーニング』で6位。

順位下落時に10位だったのに比べて良い位置に表示することが出来ています。

恐らく下落中に施した外部対策が効いているのか?リンクとしては20本程度を設置して、この順位なのでもう少し上まで上げることができるかな?という感じ。

取り合いず、回復してよかった。

理由としては、下層ページの内容をTOPページで表示していたことによるペナルティが発生していたという感じでしょうか。

1つ勉強になりました。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月12日

『靴クリーニング』というメインワードで2位まで上がりました!

以前まで認識されていなかった外部リンクも認識されているようで、その影響かと思います。

とにかく良かった良かった。(笑)

WEBコンサルティングの料金・費用

 

料金表のページを作るのがめんどくさかったので、ざっくりこちらにてまとめております。詳細はご相談下さい!

 

WEBコンサルティングについて

WEBコンサルティング(Skype相談)

どのような依頼でも必ず最初の面談を行わせて頂きます。
WEBコンサルティングを行うにあたり、最初に面談を行わせて頂きます。
関東近郊の場合はこちらから出向いてお話させていただくことも可能ですが、遠隔地ですとSkypeを用いての面談を行います。
■費用・・・初回無料(1時間まで)
訪問コンサルティング:60分/20,000円
Skypeコンサルティング:60分/10,000円

ホームページ制作・リニューアル・運用

制作案件に関してもまずはSkypeにて面談を行なってからの作業となります。
制作・リニューアル案件ではSEOを意識することは当然ですが、ユーザーにとって何が良いサイトなのか?ということを一緒に考えさせて頂き、制作を進めます。
単にWEBサイトを作るだけでは他社と変わりありませんので、ビジネスの仕組みを一緒に考えるということを意識してご提案させて頂きます。
■費用・・・HP制作:30万円〜分割も可能です。
HPリニューアル:20万円〜分割も可能です。
運用:月額2万円〜順位保証パック(20位以内)
※弊社では外部リンク設置によるSEOはお受けしておりません。内的SEOを中心にコンサルティングをさせて頂きます。

集客コンサルティング

SNS、リスティング、SEO、アフィリエイト等あらゆる集客手法のコンサルティング。
商材別にもっとも効率の良い手法にて集客のご提案を行います。
※メディアミックスでご提案させていただく事もあります。
■費用・・・使用する媒体により変動しますが、セルフ広告(リスティング等)の場合は利用金額の10%と致します。

ビジネスモデルコンサルティング

WEBに限らず、リアルマーケティングでお手伝いさせていただくことも可能です。
商品企画や、マーチャンダイジング、ビジネスモデルの評価などを行います。
■費用・・・期間、内容などにより変動します。(要相談)

現在お受けできない業種一覧

1業種1社様とお付き合いをさせていただいております(一部業種除く)ため、下記業種のご依頼はお受け出来ません。
・携帯電話修理業
・靴輸入・販売・修理業
・貴金属買取業
・切手買取業
・家事代行業
・エステ業

現在積極的にお受けしたいと思っているのは、歯科医院、BARなどのローカルマーケティング業界。
あと、リクルート時代の経験を活かして専門学校、大学などの教育業界。
案件について社会的に認められないものや、詐欺まがいのものなどはお受けいたしかねますのであしからず。

オウチーノの広告に笑ってしまった。

 

 

すみません、先日電車に乗ってて面白かったので写真撮っちゃいました(完全に不審者)※キャリルーノ様失礼します。

『運気を上げる!ラッキー賃貸探すなら』

なるほど、ラッキー方位でもお部屋探しが出来るらしい。ちょっと次引っ越す際は使ってみようかなと思ったのですが、右下の編をよーく見てみると…。

『家を探す、をギャンブルにしない』とのこと。

ネタかなぁ、ネタなのかなぁと思いニヤニヤしながら写真撮っちゃいました。なんか方位とかってギャンブル?のような気もしないことも無いですが…(笑)

 

文言って重要だなぁ。

WEBコンサルティングとは?

 

最近『WEBコンサルティング』というキーワードでHPへの流入が増えてきているので、改めてWEBコンサルティングについてちょっと書いてみようと思います。

 

そもそもWEBコンサルティングとは、何なのか?と思うのですが、他社様のHPなどを見ていると、様々な事が書いてあります。

『お客様を集める』…うんうん、そのとおりだと思う。

『ホームページをリニューアルする』…大切大切。

『データを集計・分析する』…こういう分析とかって厄介なんですよね。

『PDCAを回して改善』…弊社もそう思います。

全部合ってる!(笑)

けど、こういった『点』と『点』ではなく、『面』という視点を持ち、単体での提供ではなく、複合的に提案するといったことが大切なのかなとおもいます。(予算にもよりますがね。)

弊社としては既存のお客様の満足を高める事に努めていく、ステークホルダーに対して『礼』を持って接する。もちろんWEBコンサルティングだけでなく、気づいた事を指摘していく。WEBコンサルティングだから、WEBコンサルティングのことだけを知っていれば良い。。。あ、今思いましたが、WEBコンサルティングはエンドユーザーに最も詳しく、ユーザーとクライアントの間に立って調整する。ということかな。

※すみません、最後箇条書きになりましたが…。

 

弊社では、現在WEBコンサルティングを請け負っております

無料のSkype相談を行なっておりますので、まずはお気軽にご連絡下さい!

Yahoo!ロコ(プレイス)登録方法

 

 

先日Googleプレイスの登録方法をUPしましたが、今日はYahoo!ロコの登録について

こちらは、Googleプレイスに登録するよりも若干手続きが煩雑だったり、時間がかかるみたいですので、早めに行った方がいいでしょう。

 

Yahoo!ロコに登録する事のメリット

Yahoo!ロコはGoogleプレイスと同じように、「◯◯◯◯+地名」で検索した際に出てくるもので、下記の様に表示されます。

この赤枠で囲った部分に「Yahoo!ロコ」と表示されているのがそうです、検索の一番上に出てくることができるなんて素晴らしいですね。

費用は無料で登録することが可能です。有料は電話1件獲得につき525円とか、詳しくはこちらhttp://locoplace.yahoo.co.jp/charge/standard/index.html#call

※ちなみに検索した際に表示される地名と表示されない地名があるようです。

 

ではYahoo!ロコ登録方法について

まず、Yahoo!ロコですが登録出来るのは店舗オーナーか代行者のみとなります。

http://locoplace.yahoo.co.jp/charge/entry/index.html 

上記URLにアクセスします。

このページにYahoo!ロコでできる事などが書かれていますので、ちゃんと目を透しておいて下さいね〜!

このページが表示されると思うので、「次へ」をクリックします。

 

検索窓にキーワードを入れて

 

自社のサービスに合う(もしくは近い)ところを選びましょう。

すると、下記画面になりますので、確認して「次へ」をクリック

お申込情報という画面になるので、內容を埋めていきます。

ここまで埋めたら、確認し、利用規約に同意して登録します。

 

次に下記ページが表示されますので、「Yahoo!ビジネスID」の登録を行います。

この確認コードの所ですが、先ほど入力したメールアドレス宛てにメールが着ているはずです。

こちらの確認コードを入力します。迷惑メールフォルダなどに入ってしまう事もあるので、気をつけましょう。

これで、登録は完了です。

恐らく5〜10日程度で審査が完了し、Yahoo!から電話がかかってくるはず。

ただ、まだプレイスの登録は完了していませんので、審査通過後に設定を行います。

取り合いず今日はここまで。

また追加で更新します。

 

Yahoo!から審査完了の連絡後

やっと連絡が来ました、Yahoo!プレイスからの電話連絡。

しかし、ちょうど電話に出ることが出来ず、かけ直しても「Yahoo!発信専用ダイヤルです」とのこと。どうしようかと思ってたら、メールが届いてました。

こちらのメールに希望日時を記載して返信します。

後日指定した日時に電話があり、「確認完了しました」という旨を頂きます。

 

確認が完了しましたので、プレイスページの設定を行います。

Yahoo!ビジネスセンター画面上に「Yahoo!ロコプレイス」というサービスが表示されているので、こちらをクリックします。

このようにページ管理画面が出てきます。登録時、最初の段階ではプレイスページが未設定となっていますので、早速作成して行きましょう。

「プレイスページの新規作成」をクリックすると、テンプレートの選択画面に移ります。

テンプレートは33種類から選択が可能のようなので、好きなものを選びます。

選択したら、ページ下部にある「次へ」をクリックします。

次はレイアウト画面を選択。自分の好きなレイアウトを選択します。

表示されている入力內容に沿って入力していきます。

この際に「店舗/施設の紹介文」は出来るだけ多く記入した方がいいと思います。

記入內容を確認して、「プレイスページを公開」します。

公開後、「続けてページを作成」をクリック

こちらで色々な設定をすることが出来ますので、あとは店舗向けの情報を色々と変更・修正して完了です。

ローカルビジネスでの集客になりますので「Yahoo!ロコ内検索条件設定」は必ず設定したほうがいいでしょう。

以上で登録は完了です、お疲れ様でした!

Googleプレイス(マップ)登録方法

 

Googleプレイスは店舗運営をされている方にとって登録しておいた方が良い機能です。

特にスマホなどで「◯◯◯◯+地名」検索した際にマップが表示されることが多いのですが、これGoogleプレイスの情報を元にしています。

検索画面に表示されるのであれば、登録した方がいいです!

ちなみにPCだと、検索画面の右側に出ているこれですね。

ということで、登録方法をまとめてみます。

 

Googleの説明が簡素なので、順をおっていきます。

取り合いずGoogleのHPから登録方法について調べて見たのですが、こんな感じ。

ん〜、正直ちょっとわかりづらい。。。

ということで、実際の登録にもとづいていきます!

 

■用意するもの

・Googleアカウント※必須

・Google+アカウント(あればなお良し)

 

まずは検索で「Googleプレイス」を検索

もしくはこちらhttp://www.google.co.jp/landing/placepages/

 

で、検索画面からGoogleプレイスにアクセスすると下記のようなページが出てきます。

右上の「おみせのオーナーの方へ」というボタンをクリック

「オーナー登録する」という所をクリック

Googleアカウントにログインしていれば、この画面が出てくるので、「お店やサービスを追加」という所をクリックします。

※未ログインの場合は、ログイン画面が出てくるので、ID・PASSを入力します。

この画面が出てきたら、電話番号を入力後、「お店/サービスの情報を検索」をクリックします。

電話番号がGoogleに認識されていないケースがほとんどだと思いますので、この画面が出てきます。

必要項目を入力していきましょう。

営業時間なども入力出来ます。

支払方法や、各種情報を入力していきます。

間違いなく項目を入力したあとは、「送信」を行います。送信が完了すれば下記ページが表示されます。

Googleプレイスでは、所在地に人が居ることを確認する必要があります。

「PINコード」というものを最終的に入力しないといけないのですが、「電話」を選んだ方が早く済むのでいいでしょう。

その場合、指定した電話番号に電話がかかってきて「PINコード」の連絡があります。

最後はこの「PINコード」を入力して完了です。

お疲れ様でした!!!

 

検索順位で上位に来るサイトがどれくらいCV取れるのか調べる方法。

 

さて、世間一般はお盆休みですね、しかし今日は暑い。。。

熱中症にならないよう水分補給補給。

 

既存ビジネスのマーケットを知りたいとき

会社で何か新しい事業をやろうと思っている時、実際どれくらいの売上が立つのだろう?とか、どれくらい問い合わせが来るだろう?と悩む事もあると思います。

自社HPでの問い合わせフォームなどを使った、反響型ビジネスを行なっている業種のマーケットサイズを知る方法について簡単に。

ただし使えないのが、

通販サイトなどのショッピングカートASPを使っている場合。

自社HPではなく、リクルートなどの媒体集客がメインになっている場合。

上記の業種では、調べることが難しいです…。はっきり言ってその会社の営業に事例を聞いた方がいいでしょう。

 

ただ、問い合わせフォームなどの反響型サイトを行なっている場合はマーケットサイズやシェアを調べることが出来ます。※方法はグレー過ぎて書けない(笑)

 

問い合わせ数が分かればビジネスとして成り立つか考える事が出来る。

想定CV数が分かればそれに対する費用などを計算すれば事業化出来るか検討できます。下手なリサーチ会社に相談するよりも確実に。

で、検索上位に来ているサイトの数字が分かれば、どれくらい費用をかけることが出来るかも計算出来るし、

想定CV数×客単価を出せばざっくりの年商が見えてきます。

 

新規事業、まずは市場規模を調べる事が大切ですね。

 

顧客を掴んで継続して売上を上げる、座布団をいかに高く出来るか。

座ったら座ったで、大変そうやなぁ。

 

座布団=顧客数≒安定収益

最近口癖のように使っている言葉が『座布団を高くしよう』ってこと。

座布団と言えば、日曜6時からやっている『笑点』を思い浮かべます。※僕も見ていますが。面白いことを言って座布団を積み上げていく。笑点では10枚座布団を積み上げると賞品がもらえるって知ってました?僕は一度も見たこと無いのですが、数年に1回位のペースで落語家さんが獲得しているようです。

私が言う『座布団』は笑点とは違って、顧客であったら、仕事であったり。定期的に仕事や売上が入ってくる仕組みのこと。ブログなんかも近いイメージですかね。特にビジネス上だと継続ではないと思っていたものが、意外とそういうビジネスモデルだったりします。

今現在行なっている『iPhoneセルフリペア』。iPhoneの修理部品を販売しているので、基本的にユーザーとはワンショットの接点ですが、運営していると実は継続して買ってくれる層というのがあることが分かりました。

というのが、iPhone修理店舗を運営している事業者様層。

なぜこのような購入があるのか、考えてみると下記の様なポイントが挙げられます。

 

■部品輸入のルートが無い

部品の輸入にはやはりルートが必要。というのが、ネット上で出回っている情報は誰でも仕入れることが出来るのですが、やはり良い情報というのは中々出てない。特に中国と直接やり取りをしようと思うと為替や物流などの超えるべき壁が高い。

■大量には必要としていない

海外から商品を輸入する場合は、ある程度のロットがあったほうが有利です。当然といえば当然なのですが、DHLや国際郵便などは結構高い。しかも商品は在庫として持たないといけないので、キャッシュフローが厳しくなる。その際には小回りの効く注文が出来る所を探しているというケースがあるのです。

■海外との取引に慣れていない。

前出のケースと似ていますが、海外との取引の場合、『代金支払後に発送』というところも多く、また海外の会社なので言葉が上手く通じないケースも。そうすると本当に送ってくるのか?という不安などもあり、なかなか取引に踏み切れない事も。

■Amazonなどは店舗間取引としては保証などが不安

これが一番驚いたのですが、実はAmazonって同一商品が当店よりも全然安い価格で出回っているのです。当店で購入していただける事も多々。『Amazonでそもそも買わない』という層や、ショップ形式の方が安心出来る。という方もいらっしゃるのでしょうが、不思議です。

 

顧客分析と獲得方法

継続して購入してくださる層というのは、上記のような問題点を抱えている事があります。であれば、通販サイトを運営していても、ユーザーメリットになるような事をしっかり訴求してあげる事で、売上を確保していくことが可能です。

また、『待ち』中心であった販売方法も、事業者に対して営業を行う事で、売上増加を図ることも可能になります。

自社の取扱商品について、購入顧客の分析を行い、営業方法を再考することで新しい販売ルートが見つかるかもしれません。

※この辺はまた今度ブログで書きます。

 

業種別収益ラインターゲット

■歯医者=人口2000人が収益化ライン

■ゲームセンター=5000円×10km圏内人口≒年間売上

■美容室=顧客数×単価×6(2ヶ月に1度来店として)=年間売上

■カフェ=平均客単価×回転率×席数×365=年間売上

上記はあくまで一例ですが、事業特性からある程度導く事が可能だと思います。ただ、数字なんて上手くいかない事のほうが多かったりするのですがね。

 

座布団は高くなればなるほど座るのが大変になる。

これは、TOPの画像を見て気づいた事ですが、座布団(継続売上)を高くすればするほど、座り続けるのが難しくなること。

当然ですが、座布団(売上)を高くすればフォローなどにパワーを使う事にもなり、サービスが悪くなれば顧客は離れていきます。

継続的に座布団を積み上げる事は難しい事ですが、意識していきたい事だと思います。

※ちなみに座布団は、継続したサービスだけでなく、ショットの取引でも信頼や、実績に置き換えるられます。