ローカルビジネスのフランチャイズで気をつけるべきWEBサイトのSEOとか

 

最近自分の中でキー担っているフレーズで「何をしたかではなくどうなったか」というワードがあります。

売り手目線と買い手目線の違い。ですね。

 

情報を知らないということは買い手が悪いのか?

売り手は買ってもらうために頑張って営業するし、買い手はそのために情報収集をする。

まぁ当然と言えば当然なのですが、WEBに関しては素人が分からないのをいいことにしている例を最近良く目にします。※ローカルビジネスのWEBサイトなど

どんなものかという例は後述しますが、店舗の費用や収支採算などは色々考えたり調べたりするのに、「WEBに関しては全部まかせる」という人が多すぎ。Googleでちょっと調べれば分かることもたくさんあるのに。

もったいない。と僕なんかは思ってしまうのです。

 

何をしたかではなくどうなったか

「◯◯をした」というのは何か案件に対して成果物を納品するなどの事ですが

「◯◯が◯◯になった」というのは本当に買い手側が望んでいる事。

ドラッカーの書いている、『顧客の目的』というのは本当に深いなと。

「◯◯のシステムを導入した」ではなく「◯◯のシステムを導入したから経費削減ができた」ということを提供し続ける会社が残っていくんだと思います。

 

先日あったのですが、先輩の会社がHPを作ったということで、見てみたら見事に「Flash」を使っていて。Adobeがスマホ向けの開発を中止しているのになんで今更感ですよ、早速連絡してスマホ用に静的なファイルを用意して修正してもらっていたみたいですが。

知らない事をいいことに納品だけする。ちょっと腹立ちましたね〜。

 

ダブルインデックスやコピーコンテンツ

WEBにちんぷんかんぷんだと、なんのこっちゃって感じだと思いますが、同じようなページがいくつもあったり、他のサイトからコンテンツをコピーしてきたサイト(テキスト含む)というものです。

最近目に付くのがフランチャイズの会社がやっていることで

「サイト支給します」というもの。

見栄えはすっごい良く作ってあるのに、同一のサイトが数十サイト。。。

まぢありえんと僕なんかは思ってしまうのです。

そういうサイトはたいがい「◯◯」「◯◯」というワードで上位表示しています!と謳っていたり、(検索数の少ないようなロングテールワードなんですが)サイトを提供することで、付加価値をつけようとしているのかもしれませんが、全く逆効果ということに気づいてない。

WEBサイトなんて內容が同じだったら1時間もあれば作れちゃいますから。。。

やっぱり情報を知っているって大事だなぁ。

 

と、この月末に書いてみる。

画像全然使ってないwww

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>