Facebookのクーポンで集客!?HP、ソーシャルアカウント無しのローカルビジネス。

 

さてさて、今日は新しい案件の提案に行って来まして、何か面白い事ができるかなぁと思いならがらブログを書いております。

ってかうちの会社へのアクセスで、検索エンジン経由だと『SNS』ってキーワードがやたら多い。。。皆さんSNS使って何とか出来ないか考えてらっしゃるんですね。

※検索キーワードたち(実数は恥ずかしいから勘弁してね!)

 

SNS集客での問題点

これは何とも言えないのですが、成功している会社、そうでない会社。色々あると思います。が、成功しない大きな原因は「運用」が上手く出来無いことだと思います。

SNSは情報を拡散させて効果が出てくるものですが、そこまでアカウントを『育てる』ということが非常に大変だから。

特に短期間で効果を求められる会社などでは、難しい。

また、ローカルビジネスなどでは、効果計測が非常に難しいという点。また、経営者にリテラシーが無く、「無料で簡単に集客出来る」なんて思ってしまっているなど、実際には予算がないということが多々あるようです。

 

どんな業種で使えるのか?

僕は業種に関しては、どんな業種でも使えると思っています。それよりも大事なのは効果指標は何か?ということだと思っています。

もちろん、最終的には売上を上げる。ということですが、「アクセス数」「ファン数」「ユーザーの質」「客単価の向上」「リピート率」と色々ありますが、はっきり言って日々の売上に一喜一憂している中小企業で、こんな指標を考えていても、計測出来ないのでやめましょう。

※レジ、顧客システムなどでしっかりと管理されている場合は指標として考えてみてもいいかもしれません。

 

今やろうとしている実験

で、今弊社でやろうとしていることですが、『靴クリーニング』を行なっている会社から依頼を受けまして、施策を行おうと考えています。

HPもなし、ツイッターのアカウントも、もちろんFacebookも(笑)

靴クリーニングは通常1足あたり3,000円程度。靴のかかと修理なども行なっている会社さんです。

一応勝ちパターンは見えていると思うのですが、実際にソーシャルメディアでの施策を行い、どれくらい売上UPを図れるか?

めっちゃ楽しみなので、また結果報告します〜!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>