SNSは何を発信し、共有するのか?メリットとデメリット、リスクとリターン

というよりは、

こっちのイメージの方がしっくり来るな。

 

SNSで何を発信するのか

ソーシャルメデイア、使えば使うほど便利だなぁと思うのですが、何か行うということは、常にリスクを伴うということを意識しなければいけません。

特にFacebookは実名登録が基本。最近では、終活コンサルタントなるものが、FBの使い方を指南しているとか何とかw

以前、『ポジティブマーケティングとネガティブマーケティング』に記載したのですが、SNSは基本的にポジティブな內容の方が共感を得やすい。ということがあります。

でもまぁ、そんなポジティブな事ばかりだと見てる方は疲れちゃうし、リア充ツールと言われるのも納得しますがw

 

Facebookは炎上が起きにくい。

Facebookは実名で登録しているが為、炎上することが比較的少ないと言われています。まぁ批判する方も実名が出るわけだから、リスクありますしね。

逆にTwitterや2ちゃんねるは炎上が多い。。。匿名性が高い事が要因として考えられるのですね。

最近『食べログ』がFacebookとの連動を開始しましたが、ステマ・炎上を防ぐ意味で実名アカウントとの連動は良いアイデアだと思います。

※カカクコムプレスリリースより

 

メリットがあればリスクもある。

さて、定期的にTwitterなどで犯罪自慢などをしているおバカさんが見つかりますが、当然、便利なものの裏側にはリスクもあります。

ビジネスだと、『ベネフィット』を得るためには『コスト』を掛けないといけないですが、同様に何かを使うときには危険が伴います。

今、こうやって僕も色んな事、思ったことをブログで発信していますが、誰でも見ることができるというのは、難しいもんだなぁと思ったりもします。

まぁそういった意味では就活生なんかにソーシャルメディアの使い方を教えるのもビジネスとして成立するんでしょうが。

 

SNSは仮想空間における1つの社会。

実際の交友関係や、リアルな店舗と同様にWEB上で1つの社会となっているSNS。

特に仕事をする上で、SNSを使っているということは、誰でも情報にアクセスすることが出来るということ。

 

『帝国データバンク』の企業信用情報というと、法人向けですのであまり接したことが無いかもしれませんが、SNSはその個人版みたいなものでしょうか。

・直接、対個人でコンタクトをとる事ができる。

・一時的に面談しただけでは分からない事を知ることが出来る。

・交友関係がわかるので、どのような人間関係を形成しているのか分かる。

 

実社会におけるルールがあるように、SNS上でも同じ感覚でいることが大切かと。

上手く使い、有効なツールとして意識すると共に気をつけたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>