通販サイトで失敗する方法!?

 

人生が壊れれば壊れるほど(失敗すれば失敗するほど)
再生、(成功)したときの喜びは
大きいし、
普通のことを幸せと感じられる。

 

通販サイトの失敗要因を考えてみた

 

先日書いたブログから引っ張ってきますが、こんな感じだと思います。(成功要因ですね。)

■他社と同一商品を扱う場合、圧倒的に仕入れが安く出来る

■在庫を持たない

■商品に独自性がある(メーカーであること)

■総輸入代理店である。

 

今日はひとつひとつ開設していこうかと思います。(間違っている部分も多々あると思いますがご勘弁を。)

 

他社と同一商品を扱う場合、圧倒的に仕入れが安く出来る

まぁ当然と言えば当然なのですが、安く仕入れをすることが出来れば安く販売することができます。

特に通販モールなどでは、いかに『最安値』にて出品することが出来るか?は大きなポイントですので、仕入れは安くしたい所です。

 

これが出来れば苦労しない。

ってことだと思いますが、何か方法がないか?

 

ネッシーや、卸問屋サイトなどの卸サイトを使うのも1つの手だと思いますが、ほとんどの場合、同業他社もやっている事ですので、他の方法を考えたほうがいいでしょう。ネットでできる事は他社もやっています、『オイシイ情報』はネットで無く『コネ』や『足』を使って集めるというのは間違っていないと思います。

 

在庫を持たない

これは出来ればそうしたい!という声が聞こえてきそうです。

が、取引の条件によっては可能だと思いますので、仕入れ先と辛抱強く交渉する事が大切です。

ちょっと発想が違いますが、『楽天』や『Yahooショッピング』などの運営元は販売する場所を提供しているけど在庫は持っていない。こんな発想で出来るショッピングサイトがあってもいいのではと思います。

 

商品は作る工程によって、在庫を抱えないといけません、工場のようですね。

なら『受注生産』という方法も1つでしょう。

 


商品特性(農業など)や商品力に自信があるのなら出来る方法です。

ただ、リスクとして

  • 受注ロスが発生する
  • 売上回収までに時間が必要

ということを注意する必要があります。

 

商品に独自性がある(メーカーであること)

商品に独自性がある場合は、価格・ブランド名などで競合に比べ有利になります。

ただし、この場合は商品認知など非常に力が必要な事もありますが、一番プロモーションしやすい所でもあります。

扱っている商品によりますが、SNSなどを使った方がいいのか、アフィリエイト・ブログなのか、SEOなのか。。。というか全部大切なのですが、戦略・コストによってプライオリティ(優先順位)が違ってきます。

ハッキリ言って、『絶対確実』というものはありませんからね。特に気をつけたいのは『成果報酬』です。

ある程度売上のベースがあるのならいいのですが、

費用が発生しない=成果が上がらない=売上が上がらない

ということ。

 

経営者なら『時間に対するコスト』という意識は強いと思いますので、安易に『成果報酬』に頼らない方がいいのではと思います。

 

総輸入代理店である。

ここまで読んでいただけた人にちょっとサービスを。

輸入代理店、特にアパレル等の小売系商材を扱っている会社の場合、『パワーはかかるが、ほぼ勝てる』という方法があります。

※商品力があることが前提ですが…。

 

自社通販サイトと販売店を上手く使いプロモーションを行う事が可能で、最近の人の購買行動をちょっと考えると出来る方法です。ただしパワーは掛かります。。。

  1. 自社通販サイトを制作
  2. 小売店舗へ営業(委託等でいいので商品を露出する)
  3. 店頭でユーザー認知→検索
  4. 通販サイトで購入してもらう

という方法。実際こんな簡単には行きませんが、同様の方法で成功している会社もあります。

 

まずは失敗してみること

何か色々と書きましたが、失敗は成功の種です。

出店・出品したからといって成功するわけではありません。

失敗、事業解散、縮小している店舗も多いでしょうが、成功している店舗も多く、

電子商取引の市場規模は6兆円とも言われています。

ますます成長すると考えられる市場ですので、『勝つ方法』身につけたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>