WEBコンサルティングの本質とは?

 

WEBコンサルティングって私も会社のtitleタグに入れてSEO対策を行なっています。が、実際のWEBコンサルティングというのは何なのでしょうか?会社によっても提供しているサービスが違うし、『SEOです!』と言い切る会社もある。確かにSEOで順位が上がればアクセスが伸びるので、分かりやすい。が、サイトの目的は何なのか?恐らく多くの会社では、『集客』と考えると思います。じゃあその集客したお客さんは本当にお金を落としてくれるお客さんなのか?

問題は『お金を落としてくれる』という点であって、『集客』ではない。ただ、集客出来なければマネタイズ出来ないので、ある意味矛盾している。

 

最近はWEB制作ではなく、WEB運用会社にニーズが変化してきているんだと思う。では、サイトの目的は何なのか?

A、安くて見栄えは悪いが、集客が出来るサイト
B、高額の費用を使い、とても良いサイトが出来たが、集客はあまり出来ないサイト

Bであり、Aのサイトが最も良いのだと思うけど、マネタイズ出来なければ意味が無い。そもそも、集客出来るか分からないサイトに高額の費用を掛ける意味があるのか?

 

サイトを見に来るユーザーは何を求めているのか?

業種によってお客様の来店動機も違うと思うし、一概には言えないけど、やはり日々のブログ更新などはかなり重要なんだと思う。

それはSEOという点もあるだろうけど、アクセスしてきたユーザーの不安感を拭ってあげる事も出来るし。会社・店舗がキチンと運営されている。ということの証になるからだ。

初回アクセスのユーザーというのはそれだけ不安が大きいということを認識する必要がある。

 

逆に制作会社の立場になって考えると、会社を経営している方が求めているのは『制作会社』ではなく『運営会社』なんだと思う。作るだけなら、個人レベルでも時間をかければ作れる。けど集客となるとまた別で、様々な手法やSEO、本質的にはユーザーの気持ちを理解出来る。ということが非常に重要だと思う。

この商材だとユーザーは◯◯のように考えるだろうから、◯◯の媒体を使った方が良いとか、集客手法も一概には言えない。だけど、制作会社だとそのユーザーの気持ちが分からない+集客をした実績が無い。ということが多々ある。

サイトの制作会社はビジネスモデルの理解をもっともっと進めないと、厳しい状況になってきているんだ。

 

そして、ユーザーの気持ちが理解出来れば、サイトだけでなく事業全体に関しても変えなければいけない部分も出てくるし、そういったことをトータルでアドバイスしてくれる人というのが、WEBコンサルタントなんだと思う。

何かこう取り留めの無い文章だけど、取り合いず書きたくなったので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>